日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本人の言語表現の特徴について

日语论文范文:日本人の言語表現の特徴について

日本人の言語表現の特徴について

はじめに

ご周知のように、日本という民族には特殊な文化現象がある。それについて、さまざまな視点から多くの研究がなされている。たとえば、日本の和服、花道、茶道などの民族文化を紹介した先行研究がある。今日では、日中関係が改善されるために、言語はお互いに交流するツールとして、ますます重要であり、かつ有意義である。本論では、まず、日本人のあいづち、本音と建前などの言語表現から分析する、さらに、日本人の言語表現の特徴を明らかにするに止まらず、言語表現に潜んでいる社会原因を探ることをもう一つ目的とする。

第一章 日本人の言語表現

1.1断言しない言い方

「日本人は自らのイデオロギー思想に生き、これを妨げる存在があれば、排除してまえへ進むという生き方は、一般には好まれない。日本人にとって、はっきりしたイデオロギーとか思想を持つひとは、警戒ないし敬遠される。自分が周囲をどう見るかということよりも、周囲からどう見られているかのほうが常に気になる。人並み、目立たぬものが好まれる心理の中にいきている。生活程度にしても、自ら中流と考える人が圧倒的多い。日本の総理府が発表した「国民生活に関する世論調査」の結果によると、中流意識を持つ人、全体の90.2%にたっしているという 。無論「中の上」と「中の底」とは、ずいぶん差異があるが、いちおう目立たない「中」に位置すると、まず安心を感じる。
この目立たない心理は、生活のいろんな面に表している。日本人は自分の意見を確固として持っていても、「私はこう考える」、「私の意見はこうだ」という直接な表現は避け、「こうなのではないでしょうか」、「こう考えたいのですがいかがでしょう」などといった婉曲な言い回しをするほうが適当で丁寧だと考える傾向が強い。相手に考慮や判断の余地を与えることが言語表現の上では、もっとも重要である、自分の意見をはっきりといわない、相手から返てくる反応をとりこんで自分を主張していこうとする姿勢の表れである。つまり、主体性に欠ける言語行動と評価される、また、相手との共同作業で会話を進めていこうとするやさしい態度の表れである。「わたしは」という主語もあまり用いない。「わたしは」というと、「一般の考えては違って私は……と思う」という意味となり、聞き手との間に距離が置かれてしまう。「わたしは」の主語抜きで言えば、聞き手は私といったいとなり、私の話を聞いてくれることになる。

1.2、本音と建前

本音と建前という言葉も日本人の間ではよく使われる。建前は「表向きには」とか、「原則として」という意味である。公的な立場からの見解について述べる時に使われる。それに対して、本音というのは、つまり本当の心、気持ちである。また、本音を個人の論理、建前を集団の論理としてとらえることもある。日本人は表向きの方針や集団の論理である建前を優先するが、その奥に本当の声、個人の論理である本音がひそんでいることはよくある。
日本人はあいさつをよくすると言われる。確かに朝起きてから夜寝るまで、日常生活のさまざまな場面で決まって用いられるあいさつ言葉も豊富である。日本人は人と人を隔ての心で対立的に捉まえ、相手を支配し、使役しようとするのではなく、お互いの間につなぎの心を持っている。顔は温和であり、お互いに決まり文句のあいさつを繰り返して、許しあう。この場合の言葉はせいぜい互いに友好な気持ちを表現するための手立てに過ぎない、言葉の内容はそれほど重視されない場合が多い。
日本人は、「今度、ぜひ家に遊びに来てください」とか、「今度、家を新築しましたので、お近くにお手掛けのときはお立ち寄りください」などは、相手に対する好意の表現であるにとどまり、この言葉を信じて相手の招待を待っても、一向に実現されないことが少なくない。なにかの必要があって、その家の近くまで行ったついでに、本当に相手の家を訪れて迷惑がられたりするのは、不思議でたまらなかった。
もし、京都で他人の家を訪問し、「ご飯でもめしあがっていってくださいませんか」と繰り返し主人に言われ、その言葉を受け止めて食事をしたら、客人が帰ったあとで、その家族の人たちの間では、客人の行為について、悪口を言われることになる。京都地方の習慣では、何度食事を勧めたのは、相手に対する好意を、最大限に表現したにすぎない。実際には、「では、ご馳走にあずかりましょう」と受けられた場合、食事の用意もしていなくて、主人を困らせることがよくある。
このように「本音」と「建前」の違い、つまり形式と実質、言葉と行為の食い違いは、日本の場合、往々にして、極めて大きい。したがって、相手の本心は何かについて、様々な手段で探る他は方法がない。相手がにこにこし、言葉で最大限の好意を示したとしても、それはその場の平和をたちたいとか、むこうの心を傷つけないようにするとかのためである。

1.3、あいづち

日本人は会話中にあいづちやうなずきを頻繁にする習慣があると言われる。「はい」とか、「そうですね」とかの言葉によるものも、頭や上体をまえに倒すみぶりだけのものもふくまれている、ある調査によれば、日常会話の場合には数秒に一回の割合で観察されるほどてある。他人が話しているとき、まったく返事しないで聞いていると、しばらくして相手は話すのをやめてしまうのであろう。逆に、「はい」とか、「そうですね」というようにあいづちをつきながら聞いていると、他人はどんどん話し続けていく。
例えば、会話ではあいづちを打たないでいると、話している相手は「ねえ、聞いてるの」「あ~の~」など、あいづちをせかしてきる。あいづちを打たないことが何回か重なると「疲れてるの」「体調が悪いの」しまいには「寝てるの」とまで言われ、不審に思われるだろう。
「そうでしたか」、「うん、うん」、「よかったね」など、いつでも気軽に声を出して、いくつかの異なるあいづちを打てば、それだけでも日本人はコミュニケーション上手のイメージを相手に与えることができる。このろうに日本人と接して外国人が「日本人がほんどうにやさしくて、わたしの話を聞きていてくれるね」を感じることになる。
日本人の「はい」とか、「そうですね」という言葉は、すべで「そのとおりだ」という肯定の意味で行われるわけでわなく、単に「そういうこともあるのですが」と相手の話を聞いているサインとして発しているだけの場合が多いことに注意すべきである。

1.4省略現象

1.4.1「どうも」による省略現象

日本で、友人に道で会ったら「やあ、どうも」と言えばいいし、忘れる時は、「それでは、どうも」と言っておけばよろしい。「どうも」は、日本語では単独でも、さまざまな場面に広く使われているが、長々と述べる話を省略できる。
「どうも」は、「どうもありがとうございました」「どうもお疲れ様でした」(丁寧さを示す)、「どうも具合が悪い」(はっきりわからない時に)、「どうもおかしい」(全く)、「どうも賛成しかねる」(否定の語気を緩和する)などの如く、多義的である。また、「どうも」の後に来る言葉の如何によって自在に意味が変わるので、「どうも」だけではその後にどんな意味が省略されているという 。
「どうも」の語源については、柳田によれば

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/370.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩