日语论文网 论文范文 日语论文范文:『ドラゴンボール』から日本のアニメ産業の成功原因を見る

日语论文范文:『ドラゴンボール』から日本のアニメ産業の成功原因を見る

要 旨

日本のアニメ産業は大きな発展を遂げ、すでにその第3の大産業となった。アニメ産業は21世紀の知識経済の中核をなしうる産業だといわれている。IT産業に次ぎ全世界の経済成長のまた1つの新しい経済成長点となった。統計によると、日本のアニメ産業とこれに関する産業の規模はすでに多くの伝統産業を上回って、そのアニメーションの輸出額は鋼鉄の輸出額よりはるかに高いともいわれる。
日本のアニメ産業が成功した原因は多方面にわたっている。本論文は論文を四つの章に分けて論じた。まず第一章では、「ドラゴンボール」という作品を簡単に紹介した。第二章では、「ドラゴンボール」を通じて日本の漫画の特徴を分析した。第三章では、「ドラゴンボール」を通じて日本のアニメ産業の成功の原因を分析した。具体的な原因は日本のアニメ産業に対する高い市場需要、及び日本は広いアニメ・漫画の社会基礎とアニメ・漫画の創作の自由度を持っていること。 そして、日本はすでに成熟した産業チェーンを形成したということが原因である。この三つの要因で、日本のアニメ産業は成功に向かった。第四章では、中日アニメの違いと中国アニメの不足点を分析した。最後に日本のアニメは中国に対する示唆を分析した。

キーワード: 『ドラゴンボール』 アニメ特徴 アニメ成功原因   示唆

摘 要

日本动漫产业取得了很大的发展,现已经成为其第三大产业。据悉,动漫产业是21世纪知识经济的核心产业。是继IT产业之后,全球经济成长的一个新的经济增长点。据统计,日本动漫产业及其相关产业规模已经超过了许多传统产业,其动画出口额就远远高于钢铁出口额。
日本动漫产业成功的原因是多方面的。本论文对论文分四章进行了论述。首先,在第一章中,对《龙珠》这一作品进行了简单的接受。在第二章中,通过《龙珠》分析了日本漫画的特征。在第三章中,通过《龙珠》分析了日本动漫产业成功的原因。具体原因为日本对动漫产业的高市场需求。以及日本拥有广泛的动漫群众基础和动漫创作自由度。以及日本已经形成了成熟的产业链。因此日本的动漫产业走向了成功。在第四章中,分析了中日动漫的区别,以及中国动漫的不足之处。最后分析了日本动漫对中国的启示。
关键词: 《龙珠》 动漫特征 动漫成功分析 启示

目  次

要 旨 I
摘 要 II
はじめに 4
一、『ドラゴンボール』について 5
二、『ドラゴンボール』からみる日本アニメの特徴 6
三、『ドラゴンボール』からみる日本のアニメ産業の成功要因 8
1.日本社会の高いアニメ市場ニーズ 8
2.広い観衆基礎と高い創作の自由度 10
3.成熟したアニメ産業チェーンの形成 11
四、中国のアニメ産業の発展への示唆 11
1.日本アニメと中国アニメの区別 12
2.中国アニメの不足なところ 12
3.日本アニメが中国アニメへの示唆 13
おわりに 14
参考文献 16
謝辞 16

はじめに
日本のアニメ産業は大きな発展を遂げ、すでにその第3の大産業となっている。『ドラゴンボール』は日本の漫画家トリヤマアキラを代表する『ドラゴンボール』をベースにしたテレビアニメである。彼は国際的にアニメの歴史において高い地位を占めており、日本のアニメの象徴である。
アニメ産業に関する先行研究はさまざまである。例えば、中国では、枚子の『動漫之春』 、呂暁志、于娜の「日本動漫産業的成功啓示」 、陳琦の『「聞声而起」的動画』がある 。その他に、陳継民の「用3DS進行動画製作賞試」 、張雲志の「中国動画応走出絵画歩入電影殿堂」 、蔡錫泰の「中国動漫産業現雛形産業化運作露鋒芒」などがある 。
国際ではDouglas Klein著、封帆訳の「我五十一年並仍在継続的動画歴程」 、日本貿易振興機構の「日本アニメ産業の動向」と「中国アニメ市場調査」などがある 。
これらの研究は日本のアニメ産業の成功した原因を研究するものである。近い将来、『ドラゴンボール』という視点から日本のアニメ産業の成功した原因についての論述と研究もますます増えるだろうと考えられている。
これまで、日本のアニメ産業の成功した要因について、すでに多くの研究を進めていたが、それぞれの『ドラゴンボール』から日本のアニメ産業の成功した原因を分析する研究がほとんど見られない。それに、資料をまとめるのは少し難しいと思う。また、アニメ産業についてのデータが相対的に古くなった。新しいデータを収集するのが容易なことではない。これはこの論文の中で一番困難なところだと思う。
筆者は先行の研究に基づいて、自分の観点から、日本のアニメ産業の成功した原因を具体的に論証する。アニメ産業には社会性があり、研究の価値があるため、この研究はきっと中国のアニメ産業に役立つと思う。

一、『ドラゴンボール』について
『ドラゴンボール』は、ドラゴンボールシリーズの始祖作品で、日本の有名な漫画家の鳥山明氏の同名漫画が原作である。アニメに製作されたあとで、1986年2月26日にフジテレビジョンで放送された。鳥山とその担当編集者だった鳥嶋和彦は、当時『Dr.スランプ』の連載と平行して描いた読み切り作品『騎竜少年(ドラゴンボーイ)』、『トンプー大冒険』(両作品とも『鳥山明○作劇場VOL.2』に収録)を元に、『ドラゴンボール』のネタを固めていった。
プロット段階においては『西遊記』の要素も取り入れると共に、「ボールを集める」というアイデアは『南総里見八犬伝』から取られたが、「『八犬伝』が8つの球なので、同じじゃ悔しいから」とボールの数は7個にされ、タイトルは映画『燃えよドラゴン』から取られた。こうして本作の初期の構想がまとまった。
当初は鳥山版『西遊記』を目指しストーリーを進めようとしていたが、担当の鳥嶋の反応は「西遊記そのものではないか」と冷たかった。そのため、第二稿(SF要素が取り入れられ、服装が現代風)、第三稿(現行の『ドラゴンボール』にかなり近い設定)と変更が加えられ、最終的には『西遊記』の要素は主人公の名前やキャラクターデザインのほか、初期のいくつかのエピソードやアイテムなどにその名残を留めるのみとなった。
『ドラゴンボール』単行本の国内累計発行部数は完全版を含めて1億6000万部以上(2016年時点)、全世界累計発行部数は2億5000万部以上を記録した(2018年時点)。『ドラゴンボール』の人気は非常に高く、『週刊少年ジャンプ』連載中の頃は「フリーザ編」で行った少年ジャンプ1000票アンケートで815票という圧倒的人気を獲得した。少年ジャンプ1995年3-4号では、ギネス世界記録にも登録された653万部の大記録に、2枚看板である『SLAM DUNK』と共に牽引役となった 。
連載終了後も本作品が連載・放映されていた時期には生まれていない世代にも知名度が高く、2002年に再放送された『ドラゴンボールZ』は平日夕方の時間帯にもかかわらず高視聴率を獲得し、完全版、ゲーム、DVDなどが大ヒットするので、子供たちの間でも大人気となっている。2009年4月から始まった『ドラゴンボール改』は親世代の知名度が抜群で、小学生の間でも男子・女子ともに高い平均視聴率を記録した。連載終了20年が経過してなおも、小学生や子供たちにも『ドラゴンボール』の知名度は高く、2015年7月から放送の『ドラゴンボール超』でその人気はさらに高まって、『スーパードラゴンボールヒーローズ』のキャラクター投票には、全国から1万2000票以上が集まった。

二、『ドラゴンボール』からみる日本アニメの特徴
『ドラゴンボール』は 1986 年に初めて放送されたが、品質は高いが、今見てみても年代感もない。これは日本の超高アニメ制作のおかげだ。日本の高い水準のアニメーション作品の製作隊列は日本のアニメーションの成功した基礎である。技術制作面において、『ドラゴンボール』は明暗コントラスト、遠近距離コントラスト及びスピード感、躍動感を強調している。これは日本のアニメ製作に長足な影響を与えている。
人物デザインから見れば、日本のアニメーションはほぼ人物の誇張表現を重視している。異なるスタイルやアニメ表現のニーズによって、大げさな方式が異なっている。一方、日本では、ディズニーのようなキャラクターを簡素化するアニメ人物の描き技法があって、人物の五官デザインは演技の利便性を十分に考えていた上でデザインし、キャラクターの演技製作に非常に繊細で製作している。また、3 Dアニメ技術がまだ発達していない時に、日本のアニメキャラクターの服装のデザインはシンプル化を中心にして、細部を簡素化している。3 Dアニメが現在の世界のアニメの趨勢になった後に、日本のアニメの人物の顔デザインや服装のスタイルは、2 D時代に比べてほとんど変化していないが、素材の上では細かく、キャラクターのパフォーマンスや素材を両立させている。
日本アニメーションはさらに物の美しさをもっと重視している。身体の比例は更に東方の美感を持つことができて、顔の描きはいっそう繊細で、しかも髪の描きと目の描きの上で細かくすることが好むのである。アニメーションの内容はそれぞれであるが、審美の方式はほぼ一致している。
背景シーンの製作上では、大部分の二次元のアメリカのアニメーションの中で、『ドラゴンボール』のシーンは比例の配置がよく、ストーリー性を強調することができる。アニメーションの風格の違いによって、各アニメのシーンはそれぞれ異なっている。しかも簡略化していることがよくある。『ドラゴンボール』のシーンは絵画感が強くて、ほとんど風景画に偏り、アニメ画家から調整された後に色彩が豊かに見える。現在の日本の3 Dアニメのシーンのデザインはすでに成熟してきた。
『ドラゴンボール』の制作会社の『東映アニメーション株式会社』は、今日本の歴史において最も古くて最大のアニメ制作会社である。宮崎駿、高畑勲などの有名なアニメのマスターはすべて 『東映』 出身である。その他、『ドラゴンボール』の 歴代担当編集者も優秀である。初代担当は鳥嶋和彦で、集英社の編集に長らく携わっており、特に鳥山明を発掘したことで知られる 。二代目担当の近藤裕は少女誌での実績を上げることで『週刊少年ジャンプ』移籍後すぐに鳥山の担当になった。鳥山によると真面目そうな印象だが、面白い人だそうである 。
それ以外、絶えず改善しているアニメのテーマ曲も日本のアニメのためにプラスになる。日本のアニメの主題歌はメロディーが複雑ではないが、たいへん特徴がある。歌手の選択も歌詞の内容の選択もストーリの筋と映画監督の意図によって決められてきた。そして、歌詞は大量の投稿の中からきびしく選ばれる。観衆はテーマ曲を聞くと、すぐストーリのテーマと主人公の運命を連想することができる。
日本アニメは、今世界中で一番人気がある日本文化の一つで、他国に大きな影響がある。別定義として、『多角的芸術分類観点』において、美術、映像、音楽、文学、芸能の総合芸術とされるときもある。単に「アニメ」という場合は、セルアニメーション(セルアニメ)のことを指していることが多い。
中国の古典的な名作『西游記』は日本でも知られている 。『ドラゴンボール』中の多くの人物は『西游記』を参考にした。しかしその内容は中国 『西游記』の物語と大きく异なり、さらに芝居の冲突があって、これは前述の原因である。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1562.html

作者: admin

下一篇

已经没有了

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩