日语论文网 论文范文 日语论文范文:One Pieceにおける日本人の自然観ー『悪魔の実』を中心に

日语论文范文:One Pieceにおける日本人の自然観ー『悪魔の実』を中心に

要旨
日本はアジアの東南部にあり、国土面積は約37.8万平方キロメートルの国家として、人口は今1億人を下回っていたが、世界に与えた影響は至る所にあり、特に文化の面において、世界でトップレベルを誇っている。日本は多くの独特な文化を持ち、その中では、その自然観はとても特別なものになっている。それがもたらした影響と文化的意義は、世界の人々から評価されている。本文はこのような自然環境と文化によって生まれた日本人の自然観を検討し、有名な『One Piece』中における「悪魔の実」を中心に、日本人の自然観を研究した。本文はまず『One Piece』のあらすじを紹介し、悪魔の実中に含まれている自然観を解読した。即ち人間本来の体を活かしながら、更に形を変えて周りの環境に適応し、強くなることである。それに基づき、悪魔の実と日本人の自然観と合わせて考察し、悪魔の実は現代日本人の処世術、更に自然観と一致することを明らかにした。
摘要
日本,位于亚洲东南部,一个国土面积不足37.8万平方千米的国家,人口现在也已经不到1亿人了。但是,他对于世界的影响却无处不在,尤其在文化方面,也能屹立在世界之林。他有许多特有的文化,其中,自然观是别有洞天。它所带来的特有的影响与文化意义,一直为世人推崇。本文主要以《One Piece》中的恶魔果实为中心,研究了日本人的自然观。首先对《One Piece》进行了简介,并对恶魔果实中包含的自然观进行了解读。即充分利用人类本身的身体能力,通过变成各种形状来适应外界环境,使自己变得更加强大。然后以此为基础,把恶魔果实与日本人的自然观相关联进行了研究。最后得出了恶魔果实是现在日本人的处事方法,也与其自然是一致的这一结论。

1.はじめに
2.『One Piece』のあらすじと主人公
2.1 『One Piece』のあらすじ
2.2 主人公の世界観
3.悪魔の実についての分析
3.1 悪魔の実とは
3.2 悪魔の実と自然観
4.自然と人間が共生する自然観
4.1 悪魔の実における自然と人間
4.2 悪魔の実と日本人の自然観
5.おわりに

参考文献
謝辞

1,はじめに
日本の漫画やアニメ業界は長い発展期を終え、今は徐々に漫画、ビデオゲーム、アニメという3つの柱を形成され、日本経済や文化に大きな影響を与え続けた。日本でアニメーションが誕生の日以来、様々な形式へ進化した。漫画家は色々な雑誌や定期刊行物を通して作品を連載し、その後数ヶ月連続刊行後、漫画の本として、小冊子一式にまとめた。その後、複数のアニメーション映画会社は、ベストセラーになった漫画を映画化している。アニメーションや漫画のキャラクターなどはすでに日本人の生活に溶け込み、人々の世界観、自然観を形成した。それを裏付けるように、日本動画協会は、2017年の日本アニメの国内外の動向をまとめ2018年12月4日に「アニメ産業レポート」として刊行した。その調査によると、日本アニメ産業の市場規模が2兆1527億円になったことを明らかにした。前年比で8.1%増となり、過去最高となった。8年連続で成長し続けており、2009年の1兆2542億円から8年間で約1.7倍との高い成長である。
このように、日本の国民文化中において、漫画は非常に大きな部分を占めている。日本三菱総研の調査の統計によると、漫画を大きな趣味としている日本人は全人口の 87% を占めている。
世界各国、更に各国中のそれぞれの民族において、歴史文化、地理環境、伝統風俗に大きな違いが存在しており、色々な国民性や自然観を形成した。国や民族によって、様々な芸術、漫画作品がある。同時に、一国のアニメ作品中では、具体的に作品中から登場する道具や主人公を細かく見ていくと、その国の自然観を把握することができる。それぞれの言葉圏にはそれぞれの価値観や物の見方、考え方が含有し、異なった言語観が背景にある。そこには国民性、地域色、自然観が根付いている。
日本人の自然観は日本の大自然と大きく関わっており、その国民性に大きな影響を与えている。芳賀(1927)は『国民性十論』中の第四条で「草木と自然を愛する」という日本人の国民性を提出し、自然と一体化し、自然への心を自らの心としたことで生まれた感情は日本哲学、思想、宗教など全ての精神活動の根本にしている。この点において、日本人の庭の設計、茶道、花と月を観賞する伝統、生食を好んで食べる習慣、自然スポットと資源に対して高度な保護から表されている。日本人は自分の民族を「大和民族」と称しており、その文化は「和」を重視し、即ち自然への順応、命の本質を順応し、最も素朴、簡単の美を求めている。人と人との「和」は自然の「和」とともに魂中へ溶け込んでいる。したがって、日本人の自然観からその美意識を考えることは、日本人の文化を把握するための第一歩になっている。日本人の精神や性格に関する研究はもう十分であるが、本論文は「One Piece」中の悪魔の実についての分析という新たな着眼点から、日本の独特の自然観について述べたい。
2.『One Piece』のあらすじと主人公
2.1 『One Piece』のあらすじ
ストーリーは大海賊時代で展開している。この世のすべてを手に入れた男海賊王ゴールド・ロジャーは、死に際に放った「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる。探せ!この世のすべてをそこにおいてきた!」という一言で世界の人々を海に駆り立てた。20年後海賊に憧れる風車村の少年ルフィは悪魔の実のゴムゴムの実を食べ、一生泳げないカナヅチ人間になってしまったが、夢である海賊王を目指し仲間探しの旅に出ていた。そしていろいろな事件と遭遇し、山賊にルフィが狙われ、海に連れ去られてしまう。そこをシャンクスが助け、麦わら帽子を預かる。「返しに来い」と言われた。それから数年後ルフィは海に出て、のちに仲間を見つけたりなどで「むぎわら海賊団」となり、海軍に追われるなど有名になる。

2.2 主人公の世界観
主人公であるモンキー・D・ルフィは小さい頃に悪魔の実ゴムゴムの実を盗み、食べてから体がゴムになり、ゴム人間になってしまった。数年経ってから、大きくなったルフィは海賊王を夢見て航海し始めた。たどり着いた街にはもう少しで餓死しそうな、抵抗できない剣士ロロノア・ゾロ(以降はゾロと呼ぶ)と出会った。泥のついたオニギリをエサとして、仲間に入ることを要求した。ゾロを招致したルフィは次の町でバギーという男から貴重品を盗んだ泥棒女であるナミを取り入れた。バギーからナミに貴重な財産を返却することを求めると、ルフィはバギーを倒し、財産は麦わら海賊団のものになった。
モンキー・D・ルフィ(以降はルフィと呼ぶ)はいつも自分のことを「おれ」と呼んでいる。 底抜けて呑気、爽やかな楽観主義者である。彼は小さい子供のような天真爛漫な風格を持っている。「海賊は自由」という言葉のような、彼の奔放な性格をそのまま反映している。彼は好奇心が極めて旺盛になっており、何かアイデアや考えを思いついたら、あまり細かく考えずに、先に行動を行う性格である。航海する海賊生活中で自分からよくトラブルを引き起こし、仲間たちからひどく責められたり、時には顔が腫れ上がるまでタコ殴りにされることもある。一般的な船長のイメージとは全く変わっている性格を持っている。
その他、よく敵と衝突し、向こうの挑発を全く深く考えずに買ってしまうこともよくある。その中には自らへの直接的な罵倒ではなく、自分のことをチャンピオンと自慢するジーザス・バージェスとか、海軍大将のクザンに問答無用でチャレンジして戦うこともあった。ルフィは覇権主義とか、権力や武力を武器に弱い人をいじめるタイプの人物を大嫌い。そのような人に対して立場など問わず、殴り倒したこともよくある。ルフィはなるべく仲間同士との紛争を避けており、ウイスキーピークでは、敵の口車に乗せられてゾロと真剣勝負を行い、そしてウォーターセブンにおいて、メリー号の進退についてウソップと大喧嘩し、彼が一味をやめるような実態へ発展することもあった。
一方、日常ではこのようなわがままなパーソナリティが目につくが、チームメンバーのことはとても大切に思っており、たとえ一緒に過ごした時間があまり長くなかったとしても、同士のためならどんな犠牲にも問わない心の強さを持っている。その他、ドリムとか理想だけでなく、厳しい現実と対面し、それをなんとか解決するような高い責任感も内に秘めている。衝動的に行動してから、自分が間違っていたと痛感すれば、その非を認めて素直に謝罪することもある。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1558.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩