日语论文网 论文范文 日语论文范文:CITICに投資する伊藤忠の本意を論じる

日语论文范文:CITICに投資する伊藤忠の本意を論じる

目次

1.はじめに
2.伊藤忠商事の概説
2.1伊藤忠商事の歩み
2.2伊藤忠商事の企業理念と行動基準
2.3伊藤忠商事の経営制度と対中経営戦略
3.CITICに投資する伊藤忠の本意分析
3.1CITICの概説
3.2CITICが外資を受け入れる理由
3.3CITICに投資する伊藤忠の本意
3.4本件の投資に対する評価
4.終わりに
注釈
参考文献
謝辞

要旨

2015年1月に、日本大手総合商社の伊藤忠はタイの正大と連合して、6000億円を中国における大手国有企業のCITICに注いだ。今回の伊藤忠の投資は今まで中国国有企業への最大の外資投資である。本件に対して、日本と中国社会に一時大騒ぎになった。伊藤忠はCITICに大量に投資して、一体どのような本意を持っているか、本論文はこれを探究してみた。
文章は二つの部分からなった。まずは投資側の伊藤忠商事の歩み、企業理念、行動基準及び対中経営戦略について述べた。そして、被投資側のCITICは外資を受け入れた理由を分析した。これに基づいて伊藤忠はCITICに投資した本意を論じた。本論文の研究を通じて、伊藤忠はCITICへの投資した目的を理解して、伊藤忠の経営モデルを学んだ。

キーワード:伊藤忠、CITIC、投資、本意

摘要

2015年1月,日本大型综合商社伊藤忠联合泰国正大企业向中国大型国企CITIC共同注资6000亿日元.此次伊藤忠的投资为对华国企投资中最大的外资投资.本事件在日本和中国国内一时引起不小反响.伊藤忠对华国企大手笔投资究竟意欲为何?本文对此进行了探究.
文章由两部分组成.首先,对投资方的伊藤忠的企业进展,企业理念,员工行为准则及企业对中战略等进行叙述.然后分析被投资方CITIC接受外资的原因,最后在此基础上进一步论述伊藤忠投资CITIC的本意.通过本文的研究,以了解伊藤忠投资CITIC的根本目的,进而学习其发展经营模式。

关键词:伊藤忠,CITIC,投资,本意

1.はじめに
伊藤忠商事株式会社(文中では「伊藤忠」だと略称)は1858年に創業してから、150年以上の歴史を持っている大手日系総合的商社でる。世界にもよく知られて、グローバル500企業に入った有名な企業でもある。1972年2月の中日国交正常化する前に、伊藤忠は既に中国政府機構の国務院から承認をもらって、初めての中国に進出して中日間に貿易を展開した。その後、中国全国に事務所を設立して、業務を展開している。2015年1月20日に、伊藤忠はタイの大手企業の正大と連合して、6000億円を中国における大手国有企業のCITICに資本を注いだ。20%の株所有権を手に入れた。伊藤忠の今回の投資は今まで中国国有企業への最大の投資である。伊藤忠の投資行為に対して、日本及び中国国内では様々な声があった。一体どのような本意を持っているか。本論文はこれをめぐって展開した。

2.伊藤忠商事の概説
2.1伊藤忠商事の歩み
伊藤忠商事株式会社は日本の大手総合商事であり、第一勧業銀行企業集団の核心企業である。1858年に伊藤忠兵衛(1842~1903年)より創業された。1941年に日本丸紅、岸本商店と合弁して三興株式会社に創立した。1944年に呉羽紡織会社などと合弁して、大建産業株式会社に成立した。5年後の1949年に大建から分離して、伊藤忠商事に創立した。1972年に安宅産業会社と合弁した後、経営範囲は鋼鉄、自動車などの分野に拡大した。現代表取締役社長は岡藤正広であり、本部は日本東京都港区北青山2丁目5番1号と日本大阪市北区梅田3丁目1番3号にある。1858年創業したことにはじまり、一世紀半にわたり成長を続けて、現在まで世界63ヶ国に約120の拠点を持ち、4300名余りの従業員を持ってある。事業内容は繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において日本国内、輸出入及び三国間取引を行うほか、日本国内と海外における事業投資など、幅広いビジネスを展開している。
1972年に、伊藤忠商事株式会社は初めての中国政府に認定されていた友好の総合的貿易会社である。伊藤忠は紡織分野の長所を発揮しただけではなくて、ブランドを核心にして小売などの業務も展開した。アジア地域特に中国に占めたシェアを拡大した。中国上海にある伊藤忠繊維貿易(中国)有限公司(ITSに略称)は伊藤忠集団から完全に投資した子会社として、繊維原材料から、生地、補助材料、完成品服装などを一体化にした貿易会社である。中国上海にある本部以外に、中国南京、寧波、青島、大連、広州などに子会社と事務所も設立された。
2015年1月20日に日本伊藤忠はタイの正大集団(CP)と連合して中国における最大の国有企業の中信(CITIC)の傘下にある会社に1.2兆円を出資した。これは中国に投資した歴史に最大の投資である。
2.2伊藤忠商事の企業理念と行動基準
伊藤忠商事は1858年に、初代伊藤忠兵衛が経営した麻布卸売り事業をはじめてから、150年以上が経た。この150年くらいの期間では伊藤忠は近江商人が唱導した「三方にも利益(売り手に利益、買い手に利益、社会にも利益する)」という経営の精神を実行している。1992年に、伊藤忠商事は「グローバルの総合企業として、今後社会的責任を果たす」ということを真面目に思考し始めた。社会的責任という目標を実現するために、伊藤忠は自社の企業理念(Committed to the Global Good)を制定した。しかも、2009年に整理して体系に形成した。同年の4月に、伊藤忠商事はグローバルの持続可能の発展を実現するための組織-「国連グローバル契約」に加盟した。国連グローバル契約に唱導した「人権」、「環境」、「労働工作基準」、「腐敗に反対」などの中身から構成した10項の原則をきちんと守って、伊藤忠の企業理念の「個人と社会を大切にし、未来に向かって豊かさを担う責任を果たしていく事」を実現する。
伊藤忠集団は従業員全体が会社から社会へ果たす責任を正確に理解させて、毎日の行動に実行させるために、企業理念の中の核心概念の「グローバルの発展を責任にする」という事を使命に位置づけた。このような理念を実現するため、従業員に重視される五つの価値観念を「伊藤忠価値観(ITOCHU Values)にした。従業員たちに積極に行動して、「ITOCHU Values」を実現させるために、伊藤忠も「五つのセルフテスト(5self-tests)を制定した。従業員たちは毎日この五つの価値観を対照して自我の日常行為を検査させる。五つのセルフテストの中身は以下の通りである。
Visionary  会社のための美しい未来を創造でして、同僚同士の積極性を動
員できるか。
Integrity  自分が従事してる仕事を誇りに思うか。
Variegation 異なる人の異なった見解と技能を利用して、ベストの成果を
取れるか。
Passion  最大の熱情と責任感を自分の仕事に注いで仕事に専念できるか。
Challenge 積極的に新しい物事を受けて、不断に問題を解決する新しい方案
を作り出せるか。
すなわち、この様な五つのセルフテストは従業員たちの行動基準として使われる。
2.3伊藤忠商事の経営制度と対中経営戦略
伊藤忠商事では、経営の分権化と意思決定のスピード化の為、「会社の中には会社がある」という制度を実施している。繊維、機械、宇宙.情報、金属.エネルギー、生活資材.化学品、食料.金融、不動産、保険.物流の7社があり、各会社は独立会社の如く、担当事業領域で経営の全責任を負う。この様な経営制度により、市場.顧客のニーズに速やかに対応できる。
伊藤忠商事は日中間の貿易を展開して以来、始終中国市場を最も重要な市場としている。中国の様々な優れた政策の下に、積極的に業務を開拓して、中国市場に向けて、以下の様な経営戦略を実行している。
a.輸出入貿易を拡大する。積極に支柱産業に参与して、基礎施設を整備する。両国だけではなくて、三国間の貿易にも進める。
b.収益の強化と効果的に経営する。中国にある各(上海、大連、青島、広州、深セン等の)子会社に効果的に経営するように進める。
c.商社機能を強化する。中国各地法人の機能を十分に発揮して、中国市場での貿易の展開を強化する。
d. 中国政府から実行した「(中国)西部大開発」という政策に合わせて、大きな設備及びプロジェクトの取引を得るように頑張る。
e.中国国内における販売事業に進める。伊藤洋華堂、朝日ビール、日清食品を中心にして中国国内における販売を進める。
上記中身から纏まると、中国市場を大切にして、政策の下にチャンスが捉って販売を進める事である。

3.CITICに投資する伊藤忠の本意分析
3.1 CITICの概説
CITICは中国中信集団公司の省略である。中国前国家副主席の栄毅仁は1979年10月4日に創立して、中国改革開放総設計師の鄧小平から承認した会社である。主要業務は金融、実業及びその他のサービス分野に集中してある。金融業務はCITICのポイント業務であり、資産が会社総資産の81%くらいを占める(注①)。主に商業銀行、証券、保険、信託、賃借などの金融機構から構成した。実業は会社総資産のうちに、約18%くらいを占めて(注②)、情報産業、基礎施設、エネルギー源、不動産などの業界と分野を及んである。本社は中国北京にあり、現任取締役は常振明である。中国では中央政府から管理している企業であり、国有企業でもある。
成立の最初では、CITICは経済改革の試験対象と対外開放した窓口の重要な機能を十分に発揮して、多くの分野に探索して革新した。成功的に外資を引き入れて、先進的な技術、設備及び管理経験を導入して、中国の改革開放と現代化の建設に新しい道を切り開いた。とともに、海外に良好な信用とイメージを樹立して、著しい経営業績を取得した。現在に至って、CITICは金融と実業と併せて総合的な多国籍企業に発展した。2012年の末、CITICは総資産が35,657億元(注③)に達成して、純利益が301.6億元(注④)に上がった。2009年より3年を連続して、アメリカ雑誌『Fortune』に「世界500」大手企業ランキングに入った。2013年時点では、世界500大手企業のランキングに172位目を占めた(注⑤)。



……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1556.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩