日语论文网 论文范文 日语论文范文:20世紀90年代日本紡績産業の発展は中国紡績産業への示唆

日语论文范文:20世紀90年代日本紡績産業の発展は中国紡績産業への示唆

要  旨
紡績産業は軽工業の代表産業として、世界の国々の経済・生活にとってとても重要な位置を占めている。その中には日本と中国のような紡績産業の大国にとって、紡績産業の位置のなおさら重要である。中日両国における紡績産業の発展は決していつも繁栄して、順調に発展していくわけではない。その中にはきっといろいろな発展と挫折を受けた。日本と中国は一衣帯水の隣国として、紡績産業の発展には途上国としての日本はきっといろいろな影響・示唆を途中国としての中国に与えると信じている。本論文は20世紀90年代、日本のバブル経済が崩壊した後、日本の紡績産業の発展に眼を絞って、その時の日本紡績産業の発展を通して、当時の日本紡績産業の状況を把握しながら、中国への影響・示唆を探求したい。本論文は四つの部分から構成されている。
第一章では、日本紡績産業の発展の歴史を紹介する。
第二章では、日本の経済状況・日本紡績産業の輸入出の貿易状況・日本紡績産業の生産状況三つという側面から、20世紀90年代の日本紡績産業の状況を研究する。
第三章では、政策の対応・輸入出貿易の経済対応・紡績産業の生産技術対応三つという側面から、20世紀90年代の大環境の下で、日本が紡績産業を救うために、実行した対策を研究する。
第四章では、日本政府が実行した対策と中国の状況を繋がって、中国への示唆を纏める。

キーワード:紡績産業、20世紀90年代、発展、対策、示唆

摘 要
纺织业作为轻工业的代表产业对世界各国的经济,生活都有着举足轻重的地位。而其中作为纺织产业大国的日本和中国纺织产业的地位显得尤为的重要。日本和中国纺织产业的都不是一帆风顺的,其中都经历了各种的发展与波折。而在纺织业的发展过程中,作为一衣带水的邻邦,相信作为发达国家的日本一定给作为发展中国家的中国带来了很多的影响及启示。本文目光聚焦20世纪90年代日本泡沫经济崩溃后日本纺织产业的发展,通过其发展来了解日本纺织业的同时探索期对中国纺织业的启示。论文主要由以下四个部分组成。
第一章主要是介绍日本纺织业发展史
第二章主要是从日本的经济状况,日本纺织业的进出口贸易状况,以及日本纺织业的生产状况三个方面来研究20世纪90年代日本纺织业的整体情况。
第三章主要是政策应对,进出口贸易经济应对,纺织业生产技术应对三个方面来研究在20世纪90年代的大环境下日本为拯救本国纺织业所采取措施。
第四章主要是通过以上措施结合中国纺织业的现状,来分析其对中国纺织带来的启示。

关键词:纺织业,20世纪90年代,发展,措施,启示

目 次

要旨………………………………………………………………………1
摘要………………………………………………………………………2
はじめに…………………………………………………………………4
第一章 日本紡績産業の発展の歴史…………………………………5
第二章 20世紀90年代の日本紡績産業の状況……………………6
2.1日本の経済状況……………………………………………………6
2.2日本紡績産業の輸入出の貿易状況………………………………6
2.3日本紡績産業の生産状況…………………………………………6
第三章 日本政府が実行した対策……………………………………7
3.1政策の対応…………………………………………………………7
3.2輸入出貿易の経済対応……………………………………………7
3.3紡績産業の生産技術対応…………………………………………7
第四章 中国への示唆…………………………………………………8
終わり……………………………………………………………………9
参考文献………………………………………………………………⒑
謝辞……………………………………………………………………11
はじめに
紡績産業は軽工業の代表産業の一つとして、いつも中国の国民経済の重要な産業である。紡績産業の貿易も中国の輸入出貿易にはとても重要な位置を占めている。中国改革開放以降、紡績産業の輸出が中国輸出貿易にはいつも最大な輸出超過産業である。なので、紡績産業の発展は中国の経済にはとても重要な影響がある。
中国と同じように日本の紡績産業は日本の経済にもとても大事な意味を持っている。なので、1870 年代にはじまる日本紡績産業の発展過程には、日本政府はいろいろな努力をした。怒涛のように押し寄せた外国紡績製品に対抗に対して、時代の発展に紡績産業システムの発展に対して、日本政府はいつも積極的に対応していた。その原因で日本の紡績産業は一度世界トップの座に駆け上ったことがあった。
よく知られている通り、日本と中国は一衣帯水の隣国として、政治・経済・文化などにはいろいろな共通点を持っている。中日両国における紡績産業にもいろいろな共通点を持っている。なので、紡績産業の発展について、途上国としての日本は途中国としての中国になにかの示唆を与えないと考えながら、この論文を纏めた。
本論文は20世紀90年代、日本のバブル経済が崩壊した後、日本の紡績産業の発展に眼を絞って、当時日本政府が紡績産業を救うため、実行した対策を通して、当時の日本紡績産業の状況を把握しながら、中国紡績産業への影響・示唆を探求したい。少しでも中国の紡績産業の発展にいい発想がもたらせれば幸いだと思っている。
第一章 日本紡績産業の発展の歴史
1868年明治維新以降、日本の工業化の扉を開けた。日本の国民産業システムの中には紡績産業はだんだん支柱産業になった。1868年から今まで、日本の紡績産業の発展はだいたい四つの時期に分けられる。
第一時期は1945年~1960年であった。この時期は日本の紡績産業の生産能力拡大時期であった。第二次世界大戦後、日本紡績産業の生産能力は200萬錘 もなかった。1960年の時、ただ15年 だけで、日本の紡績産業の生産能力は1601萬錘 になった。生産用機械も歴史上の最大数の38.2萬台 になった。戦後、日本紡績産業の回復と再建の意義は国内の経済を改善し、日本国民の就職問題を解決したなどだけではなくて、日本経済の回復の礎石になった。
第二時期は1967年~1974年であった。この時期は日本の紡績産業の設備現代化時期であった。時代の発展とともに、市場の競争を対応するため、日本政府は「特定繊維工業構造改善臨時措置法」 を制定した。これに通して、日本政府は紡績産業の旧設備を淘汰して、技術と設備を現代化に変更した。紡績産業の生産能力を大幅に上げながら、紡績製品の品質もさらに一歩上がった。日本政府はこれらの手段を利用して、迅速的に紡績産業の国際市場を占めていた。
第三時期は1974年~1989年であった。この時期は日本の紡績産業の計画管理強化の時期であった。同時日本国内の紡績産業の構造は急速的に変化していた。ほかの資本密集・技術密集の工業と比べると、紡績産業は完全に劣勢を立っていた。紡績製品の輸出率も1960年の30%から1885年の4%に下がった。 その劣勢を挽回するため、日本の紡績産業はだんだん紡績製品の多様化・市場の調査を重視していた。新製品・高功能製品の技術開発を強化して、その時、新たな紡績製品を誕生した。
第四時期は1989年~1999年であった。この時期はLPU計画の改造時期であった。LPU(L i n k a g e  Pr o d u e t i o n  U n i t )計画とは、「ニーズ対応型の供給体制」 の強化と完成の計画であった。この体制は情報収集・製品計画管理能力・生産能力・製品技術・市場反応能力など強化できる。バブル経済が崩壊した後、日本政府は国の経済・民生などを維持するため、紡績産業でLPU計画を実行した。
第二章 20世紀90年代の日本紡績産業の状況
20世紀90年代初期、日本のバブル経済が崩壊して、日本の景気はより不況になった。日本の紡績産業は一体どんな状況でしたか。これから、日本の経済状況・日本紡績産業の輸入出の貿易状況・日本紡績産業の生産状況三つという側面から、当時の日本紡績産業の状況を研究しようと思っている。

2.1日本の経済状況
20世紀90年代初期、日本のバブル経済が崩壊した。日本円安、金融政策問題などの原因で、日本の経済はより不況になった。この不況の経済環境の下で、日本の工業構造は大きな変化を発生した。
日本国内ニーズ不振と円安の影響を受けたため、日本の紡績産業は国際紡績貿易の競争力はだんだん失っていた。そして、輸入品は国内製ものに取って代るという現象はとても厳しかった。輸入紡績製品は日本国内の紡績製品ニーズの50%以上を占めていた。このような状況の下で、日本国内の紡績工場は次づぎ倒産していた。以前の紡績大手企業も生産規模もだいぶ縮んでいた。その一方、海外の生産工場はどんどん拡大していた。その原因で、日本紡績産業の国内生産基礎はだんだん弱くなった。それだけではなく、国内紡績産業の人員削減は激しく増加して、失業者も増えてきた。

2.2日本紡績産業の輸入出の貿易状況
当時、日本の紡績産業の輸入出の貿易について、1994年輸出率は昨年より10%を増加したが、輸入率は昨年より14%を増加した。 つまり、輸入のほうが輸出のほうより多かった。貿易入超金額は1209億ドル になった。1995年、紡績製品(原材料を抜く)の輸入出について、輸出の金額は7143億日本円になって、輸入の金額は1兆5985億日本円になった。 つまり、貿易入超の状況はさらに一歩拡大した。
輸出のほうから見ると、綿、繊維など各紡績製品の輸出総量は近年からいつも減少していた。1994年、織り糸の輸出総量は昨年より19%を減少して、約1万2273トンになった。織物の輸出総量は昨年より7%を減少して、約6億2310万平方メートルになった。
その一方で、綿、繊維など各紡績製品の輸入総量は近年からいつも増加していた。1994年、織り糸の輸入総量は昨年より6%を増加して、約24万9414トンになった。織物の輸入総量は昨年より2%を増加して、約10億9174万平方メートルになった。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1554.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩