日语论文网 论文范文 日语论文范文:川端康成と曹雪芹の作品における女性のイメージの比較研究

日语论文范文:川端康成と曹雪芹の作品における女性のイメージの比較研究

目次

謝辞………………………………………………………………………………… Ⅰ

要旨………………………………………………………………………………… Ⅱ中文摘要…………………………………………………………………………… Ⅲ  はじめに………………………………………………………………………………1

1  先行研究 …………………………………………………………………………1

1.1『紅楼夢』と『雪国』について……………………………………………1

1.2研究意義…………………………………………………………………… 4

2  女性像に対する造形 ……………………………………………………………4

2.1川端康成は女性像に対する造形………………………………………… 4

2.2曹雪芹は女性像に対する造形…………………………………………… 5

2.3女性像に対する造形の異同…………………………………………… 6

3  女性の唯美なイメージ …………………………………………………………7
3.1『雪国』の中の唯美なイメージ……………………………………………7

3.2『紅楼夢』の中の唯美なイメージ…………………………………………10

3.3 女性の唯美なイメージの異同……………………………………………11

4  女性キャラの悲しきイメージ …………………………………………………8
4.1『雪国』の悲しいイメージ…………………………………………………9
  4.1.1女性の結婚地位のイメージ …………………………………………9

  4.1.2女性キャラの死亡イメージ  ………………………………………10

4.2『紅楼夢』の悲しいイメージ ……………………………………………10

     4.2.1女性の結婚地位のイメージ…………………………………………10
     4.2.2女性キャラの死亡イメージ………………………………………11

4.3女性キャラの悲しきイメージの異同……………………………………11

終わりに ……………………………………………………………………………12

参考文献 ……………………………………………………………………………13

 

この論文の作成に当たっては、多くの方々の貴重なご助言、ご協力をいただきました。

まず、本稿を書くにあたり、大学の先生XXにご指導いただきました。謹んでお礼をもうしあげます。研究テーマの選択、資料の集め方、論文の書き方、論文の作成まで、全階段にわたり、貴重な意見をお聞かせいただき、親切かつ丁寧な指導をしていただきました。ご多忙の中、論文の方向性と構成をご指摘いただき、いつも励ましてくださいました。先生のご指導があるからこそ、私はこの論文を書き終えることができました。

最後に、私の論文にご指導をくださった日本語学院の先生方々、アドバイスをくれた先輩たち、いつもそばで支えてくれる友人達にもお礼を申し上げたいと存じます。

要 旨

川端康成は彼の作品「雪国」の中で、深い意味を持つ女性二人の姿を作り上げした,駒子と葉。「紅楼夢」は女性のイメージを形作ることによって、作者は独特の視点と全方位の描写で、封建時代の中国女性の精神世界と品格を十分に展示した。この二つの作品の共通点は女性の美しいイメージと女性の社会的地位の低下、そして女性の悲惨な姿を表している。違いは社会制度と愛情に対する態度。筆者は『雪国』と『紅楼夢』を読んで、二人の作者が本の中で見せた女性の観点に深い興味を持っている。
 本文は全部で以下の部分から構成される。第一章は論文の研究動機、先行研究、研究意義を紹介する。第二章は、作者の女性像の形作りを分析し、第三章は女性の唯美のイメージを分析し、第四章分析書の女性キャラクターの悲惨なイメージを分析した。

川端康成と曹雪芹の筆の下にある女性のイメージの類似点といえば、『雪国』における駒子と葉子及び『紅楼夢』における林黛玉と薛宝釵が同じく善良で、美しさに溢れている女性像である。相違点といえば、彼女たちが当時の社会制度に対する態度が異なっている。

キーワード:《雪国》;《红楼梦》;女性像

中文摘要

川端康成在他的作品《雪国》中,塑造了两个具有深远意义的女性形象——驹子和叶子。《红楼梦》 通过对女性形象的塑造,作者以独具一格的视角、全方位的描写,充分展示了封建时代中国女性的精神世界和性情品格。这两部作品中相同点都在于表现了女性美好的形象,以及女性社会地位的低下还有女性的悲惨形象。不同点在于对待社会制度和爱情的态度。笔者在读过《雪国》和《红楼梦》后,对两位作者在书中所展现的女性观点有着浓厚的兴趣,对两人在这两本书中的女性形象进行了分析。

本文一共由以下几部分组成。第一章介绍论文的研究动机、先行研究、研究意义。第二章分析作者对女性形象的塑造,第三章分析作者对女性唯美形象的描写,第四章分析书中女性角色的悲惨形象。

 川端康成和曹雪芹笔下的女性形象的相同点是《雪国》中的驹子和叶子以及《红楼梦》中的林黛玉、薛宝钗都是非常善良、美丽的女性形象。不同点在于她们对于当时社会制度的态度不尽相同。

关键词:《雪国》;《红楼梦》;女性形象

はじめに

文学作品における女性像がいつも鮮明な性格を持っていて、多くの作家が女性像を通じて、自分の感情を表わしている。川端康成の文学作品において、女性はよく小説の主題として表わしていて、彼の筆の下の女性が魅力と人性の深さを持っていることが窺える。川端康成の作品『雪国』では、深い意味のある女性の姿である駒子と葉子を作った。駒子の活力に満ちた肉体は、粘り強い生命意識を象徴している。葉子は完璧化したイメージで、彼女は絶対の純潔を象徴している。二人のイメージは、その時代の庶民の生活状態を反映して、人々の未来の美しい憧れを表現した。『紅楼夢』は「中国四代名著」の一つとされて、曹雪芹の吐血の作である。多くの高潔な品質のある女性のイメージを作り、女性のイメージを作ることによって、作者は一格の視点、全方位の描写で、封建時代の中国人女性の精神的な世界と気性を十分に示し、自らの自主意識の覚醒と反逆精神を体現している。

本稿では『雪国』と『紅楼夢』の女性形象について深く分析し、それぞれの女性キャラクターの描写をシステムの記録にする。2冊の本の中で女性の形象の異同を比較して、主に5つの部分から2冊の本の異同を分析し、それぞれ作者の女性観の異同で、女性形象の手法の異同を描写し、2冊の本の中で女性のキャラクターの愛情観の異同、結末の異同さ、時代背景の下から女性のイメージの異同を解析する。最後に比較分析を行いたい。本稿を通じて、微力ながら、中日の文化の違いを深く理解したり、自分の文学修養を強めたりすれば幸いである。

先行研究

1.1  『紅楼夢』と『雪国』について

『雪国』は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている。

『紅楼夢』は、清朝中期乾隆帝の時代(18世紀中頃)に書かれた中国長篇白話小説である。原本の前80回はなお残っており、完本は114回に達しなかったと推定される。今流通している前80回が曹雪芹の原文、後40回は高鶚の続作といわれている。『三国志演義』『水滸伝』『西遊記』とともに旧中国の傑作古典小説に数えられ、『中国四大名著』とも言われる。石頭記ともいう。

国内外で川端康成と曹雪芹の作品における女性のイメージの比較――『雪国』と『紅楼夢』を中心に研究するのは主に以下のいくつかの論文がある。

1.1.1 女性像について

王盈茜(2012)は、「川端康成と曹雪芹の作品における女性のイメージの比較」という文章で、「女性像について」を解読した。作者は川端康成と曹雪芹が女性のイメージに対する理解の異同を分析し、川端康成と曹雪芹が女性の共通の賛美を知った。しかし彼らは女性のイメージと方法の違いに対して、2人の作者の女性に対する異なった態度を発射した。

  闫凡(2016)は、「『雪国』における女性2人のイメージへの解読」という文章で、川端康成の女性観を解読した。川端康成の『雪国』で2つの典型的な女性を形作った。彼の言葉遣いの女性は悲惨な社会環境にも一生懸命にもがいて、平等と愛を求める。人格の尊厳。でも、1人の男性としての作家に、彼が描き出した女性像、時は避けられない彼の男性中心思想を持ち込む。

王丹蕾(2016)は、「『紅楼夢』の中の女性意識の解析」という文章で、曹雪芹の女性像を解読した。『紅楼夢』の中で多くの女性は家庭に対して責任感が強く、彼女たちは芸術と人生鋭い体得と豊かな想像力、現代女性から「紅楼」女性にもっと自分を改善し、自分を高める。「紅楼夢」も現代女性に多くの貴重な精神的な富を提供した。

1.1.2 恋愛結婚における女性の地位

王丹蕾(2016)は、「『紅楼夢』の中の女性意識の解析」という文章で、「恋愛結婚における女性の地位」を解読した。『紅楼夢』は、若い世代の美しい愛情の追求を十分に肯定して、彼女たちの幸福な愛情を殺す封建的な勢力に対して強烈な批判を行って、本の中で女性の意識の先進性を表現した。しかし、作者の書いた内容については、封建社会を根本的に否定する一妻多妾制度はない。

王盈茜(2012)は、「川端康成と曹雪芹の作品における女性のイメージの比較」という文章で、「恋愛結婚における女性の地位」を解読した。川端康成の作品でも、曹雪芹の作品の中で、女性はすべて弱小で、男に支配された。その心の中には、愛に満ちた女性が、男女の不平等な社会の中で同じ報われることはできない。彼女たちの愛は、「物」――男の欲望の対象と家事労働の道具になる。

1.1.3 女性キャラの外見

呉麗(2006) は、「『紅楼夢』、『雪国』では女性の美しさと悲しみの比較研究」という修士論文で、「女性キャラの外見」を解読した。「紅楼夢」と「雪国」は、女性の顔の美しさや言動の美しさを表現し、作家自身の美と愛への憧れを表現している。

呉昊(2016)は、「『紅楼夢』における女性の外見美描写の「隠し比較」の修辞手法について」という文章で、「女性キャラの外見」を解読した。一方では、具体的な使用例を分析し、その一方で、このような修辞手法と、既存の「対比」、「類比」、「引き立て」、「乾燥」の4つの使用形式と効果的な作用に似た修辞格を区別して分析する。その具体的な表現は、生活経験が豊かであり、多くの一般ではない美人を見た人が、主体を描写した後の行動表現を見て、主体としての目を隠す暦の中の彼女の美人は比較して、突出した主体と同じように美しくて、あるいは美しくてもっと勝っていることを強調している。

1.1.4 女性の悲しきイメージ

呉麗(2006) は、「『紅楼夢』、『雪国』では女性の美しさと悲しみの比較研究」という修士論文で、「女性の悲しきイメージ」を解読した。2つの作品の中の女性の悲しみはすべて作家の主体意識の強化であることがわかった。2人の作家はすべて貴族の世の家で生まれ、家族の落ち落ちを経験して、また不安定になって、さまざまな矛盾が交錯して複雑な社会環境の下で、同時に仏教の思想の影響を受けている。これらはすべて彼らの主体意識のために悲しい要素を注入して、さらに創作に浸潤する。

調べた限り、今までの研究が主に『雪国』か『紅楼夢』における女性像について分析し、両者の比較研究が少ないと考える。今までの『雪国』と『紅楼夢』の女性像に関する研究がそんなに深くないと考える。

1.2  研究意義

川端康成はノーベル賞を受賞し、日本の文学期に重要な地位を持っている。曹雪芹は中国に影響を与えた有名な作家である。曹雪芹と川端康成の文学作品の中の女性のイメージを分析することによって、中日の女性の地位の異同、および両国の文化の違いを深く理解することができる。本稿を通じて、自分の文学の修養および日本の文学に対する理解が深まって、二人の作品における歴史的人物の思想と文化の根底を知りたい。微力ながら、中日の文化の違いを深く理解したり、自分の文学修養を強めたりすれば幸いである。



……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1480.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩