日语论文网 论文范文 日语论文范文:禅宗と日本人の美意識の形成――日本庭園を中心に

日语论文范文:禅宗と日本人の美意識の形成――日本庭園を中心に

要旨:

中国に生まれ、日本に伝わった禅宗は日本が独特な歴史と文化背景があるから、日本の政治と文化の特徴に合わせ、展開しなければならない。日本は島国し、しょっちゅう自然災害があるので、庶民の間には無常感が生む。その結果として、日本の禅宗に「寂」の観点が加えた。この禅宗の思想は日本の文化、宗教、芸術に深い影響をもたらした。特に日本の茶道、園林などの面において深遠な影響がある。褝宗の考え方と美意識もだんだん日本の考え方と美意識となる。 「空寂」は日本の独特な美意識である。その形成には原因が二つある。一つは日本の自然条件や自然観や植物の美意識が独特である。もう一つは中国の禅宗の影響を受けて、考え方が変わった。「空寂」の精神は、枯山水では「空」として表れて、茶庭では更に徹底した「無」として表れる。

キーワード: 禅宗 美意識 空寂 枯山水 茶庭

概要:

禅宗产生于中国,后传入日本。因为日本具有独特的历史和文化背景,所以禅宗的发展必须符合本国的政治和文化的特点。由于日本是岛国,又经常有自然灾害的发生,造成了日本民众的无常感。最后给日本的禅宗的思想中加入了“寂”的思想。这种禅宗思想对其文化、宗教、艺术产生了深远的影响,特別是在茶道、园林等方面。禅宗的思维方式和审美方式也渐渐成为日本民族的思维方式和审美特点。“空寂”是日本民族特有的审美特点。它的形成一方面受到日本民族固有的自然条件、自然观以及植物美学观的影响。另一方面是在成功地吸收了中国禅宗思想之后形成和发展的。“空寂”美意识在枯山水中表现出一种“空”之美;而在茶庭中表现为更加彻底的“无”。

关键词:禅宗 美意识 空寂 枯山水 茶庭

 

要旨 …………………………………………………………………………………( 1 )

はじめに ……………………………………………………………………………( 2 )

第一章 日本禅宗の形成 ………………………………………………………( 2 )

第一節 禅宗の概念  ………………………………………………………………  ( 3 )

第二節 日本の禅宗の特徴 …………………………………………………………( 4 )

第二章 空寂の美意識の形成 ……………………………………………… ( 5 )

第一節 日本人の自然観と植物観 ………………………………………………  ( 6 )

第二節「空寂」の形成 …………………………………………………………… ( 7 )

第三章 庭園の中に空寂の表現 …………………………………………… ( 7 )

第一節 枯山水の中に空寂の表現 ………………………………………………  ( 8 )

第二節 茶庭の中に空寂の表現………………………………………………………( 9 )

おわりに …………………………………………………………………………( 11 )

参考文献 …………………………………………………………………………( 13 )

禅宗と日本人の美意識の形成

――日本庭園を中心に

はじめに

初期、日本の哲学の発展は非常に停滞していた。ギリシャのタレース(Thales)からアリストレス(Aristotle)までの時代や中国の諸子百家のような時代が現れたことがない。そこで、どうしても他国から先進な思想を学ばなければならない。中国と日本は一衣帯水の隣国で、その上同じ肌の色と類似する文字をもって、中国の哲学の思想を参考して本国の思想を発展する。唐と宋の時代に、日本と中国の文化交流が頻繁である。その事実から見ると、中国の伝統文化は日本の哲学にとって深い影響を生むことがはっきり見分ける。中国の宗教、哲学、芸術と政治制度が日本に入って来た後で、日本でその思想が変形した。そして、この変わった思想が日本の独特な精神に融けた。このような日本特有な「複合変異性」は生命力がとても盛んだから、日本の文化がほかの文化と同化しない。そのかわりに、多彩な文化の中で自分の特色を持つ。

第一章 日本禅宗の形成

第一節 禅宗の概念

多くの哲学の中で、仏教は日本の文化と思想に対して巨大な影響を生むのものである。仏教は多くの流派があって、その中に日本にとって最も深い影響を生むのが禅宗である。

禅 (禅宗)は、ボーディダルマ(菩提達磨)が、インドから中国に伝えて成立したとされる大乗仏教の一派。単に禅という場合は一般に禅宗を指すが、文脈や場合によって禅那を指す。漢語では思惟修(しゆいしゅう)・静慮(じょうりょ)などと訳す。全ての人が例外なく自分自身の内面に本来そなえている仏性を再発見するために、坐禅と呼ぶ禅定の修行を継続するなかで、仏教的真理に直接する体験を経ることを手段とし、その経験に基づいて新たな価値観を開拓することを目指す。そうして得た悟りから連想される智慧を以て生滅の因縁を明らかにし、次いで因縁を滅ぼして苦しみの六道を解脱して涅槃に至り、その後に一切の衆生を導くことを目的とする。そのため師家が修行者に面と向かって臨機応変に指導する以外には、言葉を使わずに直に本性を指し示す道であるとされる。

第二節 日本の禅宗の特徴

日本には、公式には13世紀(鎌倉時代)に伝えられたとされているが、平安時代には既に伝わっており、檀林寺で禅が講義されたとの記録があり、また、日本天台宗の宗祖最澄の師で近江国分寺の行表は中国北宗の流れを汲んでいる。臨済禅の流れは中国の南宋に渡った栄西が日本に請来したことから始まる。曹洞禅も道元が中国に渡り中国で印可を得て日本に帰国することから始まるが、それ以前に大日房能忍が多武峰で日本達磨宗を開いていた事が知られ、曹洞宗の懐鑑、義介らは元日本達磨宗の僧侶であったことが知られている。鎌倉時代以後、武士や庶民などを中心に広まり、各地に禅寺(ぜんでら、禅宗寺院)が建てられるようになった。[1]

「その教旨は、仏教の真髄は坐禅によって直接に体得されるとし、教外別伝・不立文字・直指人心・見性成仏を主張する。6世紀前半、達磨が中国に伝え、のち五世弘忍に至り、その門下2派に分れ、六世慧能は南宗を、神秀は北宗を開いたと伝える。慧能の門下南岳の門から臨済・潟仰の2宗を出し、青原の門から曹洞・雲門・法眼の3宗を出し、合して五家と称する。また、臨済の門から楊岐・黄竜の2派を出し、合して七宗という。日本では、1168年(仁安3)栄西が入宋して臨済宗を伝え、1223年(貞応2)道元が入宋して曹洞宗を伝え、1654年(承応3)明の黄檗山の隠元が渡来して黄檗宗を開いた。」[2]

それは個人の直覚の経験や瞑想の考え方を通じて、そして感性の中でさとりをひらく、最後に精神上の自由を達つのを主張する。禅から見ると、人は宇宙の中に存在し、同時に、宇宙も人の心の中に存在する。人と自然はお互いに参加する関係だけではなくて、一つの全体のようだ。宇宙の万物がすべて人の心から生んだので、さとりをひらくの境界に達つの肝心な点は内心の体験である。

実は、日本の褝宗は中国の褝宗に対して簡単な複製品ではない。歴史と文化背景の違いがあるから,褝宗はこの国の政治、文化に合わせなければならない,必ず新しい発展がある。日本は島国し、しょっちゅう自然災害があるので、無常感がもたらした。そして、日本の禅宗に「寂」の観点が加えた。

つまり、禅宗の思想をまとめると特徴はが三つある:                                                                                                                                                                 

(1)「梵我一如」の1元の世界観、つまり私の心は仏陀で、仏陀は私の心だ。

(2)坐禅修行によって得た悟り通して各々が自覚する。

(3)以心伝心、不立文字、直指人心、見性成仏の内心を体験。

第二章 空寂の美意識の形成

第一節 日本人の自然観と植物観

日本列島は独特な自然環境があるから日本人に独特な審美感じを与える。この感じは日本にどこでも見える桜を日本人に与えた心の体験と同じである。光り輝いてうっとりさせて、舞い落ちて心を痛めるのようだ。日本列島は高い緯度に位置する。日本の地形は南北の狭くて長い地形である。その地形の上で山脈は背中の骨のようにその中を縦に貫く。どこにも見られる山はいつも山頂が積雪で、中部は紅葉で、ふもとのところが青いの風景を現れている。列島の気候はが温和で、空気がしっとりうるおい。日本列島に目を向けて、目の前で現れるのは全く青い風景である。日本列島を遊覧して、わやかな空気を呼吸することができる。その上、日本列島はいつもぼんやりしていての霧を囲ませて、めまぐるしい変化しての光景をもたらしやすい。言い換えれば、日本列島はすべてやさしい自然の中に溶けて入る。しかし、一方、日本の自然環境はまた日本人に1種の悲壮な、崇高な感じを与える。まず、日本は地図から見て、ただ広大な太平洋のいくつかの小島である。日本は小国で、日本人さえこの根強い考えがある。そして、日本列島は海に囲まれて、地理の位置で比較的孤立している状態である。次に、日本列島の中で重要な地区は温帯にあるけど、南端と北端はそれぞれ熱帯と寒帯の中にあって、気候の相違は大きい。こんな自然環境で、その上ほとんど全部の大都市はすべて太平洋沿岸に集中して、「中日本」というの住民は1種の劣等感が生まれた。さらに、日本は大陸を遠く離れて、海洋性気候は明らかはっきりして、いつも突発の台風がある。特に日本人にびくびくさせたのは:日本列島の「環太平洋の断層」の不安定性の影響で地震が多くて、火山活動は頻繁である。こんな多い自然災害は日本人の絶えず変わるの思想と宿命感を助長するはずだ。

こんな独特な自然環境が根本的に日本人の自然観を決めるから、日本の自然条件を研究する必要がある。そして、1つの民族の自然観はきっと他の方面にしみ込んで、さらには1つの民族の美意識を定めることができる。日本の自然観の中に核心の思想がふたつがある。つまり「万物が魂がある」と「自然と人間が一体である」である。

そのほかに、日本人は植物に対して独特な美意識を研究する必要もある。この美意識は「自然は美しい」である。「自然は美しい」は二つの意味がある:その一として、自然が美しさの源である。つまり、すべての美しい物は自然から発して、すべての美しいものは自然の基礎の上で創造したので、最高の美は自然の中に存在する。その二、自然もともと美しくて、いかなる修飾の必要がない。自然な物事の自身は無形の魅力を持ってから、物の形を維持するべきだ。この思想の本質は「寂」で、或いは、「寂」は1種の美意識として、その最も基本的な精神は真実だ。


[1]  田中良昭 『禅学研究入门』大東出版社 1994年 第44页

[2] 『広辞苑』第三版補訂版 岩波書店 昭和五三年



……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1478.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩