日语论文网 论文范文 日语论文范文:茶道からみた日本人の自然観

日语论文范文:茶道からみた日本人の自然観

要旨:茶道は禅宗の自然観が外部的な芸術形式である。人間関係を調和する「以心伝心」の人工のルートである。茶道所が溢れる雰囲気は世間の人の紛争を捨て、穏やかで静謐な境を追求するのである。その儀礼のプログラムや礼儀作法などはみんな工夫をこめて「和」の雰囲気を引き出てる。日本人の調和な自然観を表す。

キーワード:日本茶道 禅 茶道礼儀 自然観 調和 

摘要:茶道是禅宗自然观外化的一种艺术形式,是调和人际关系“以心传心”的人工渠道,茶道所极力渲染的氛围,是摒弃世人纷争,追求平和、静谧的“和”境,其礼仪程序、礼节规范等,都别具匠心地突出了“和”的氛围,显示了日本人平和的自然观。

关键词:日本茶道 禅 茶道礼仪 自然观 调和

目次

はじめに――――――――――――――――――――――――――――1

第一章  日本茶道――――――――――――――――――――――2

1.1茶道とは―――――――――――――――――――――――――――2

1.2日本茶道の歴史――――――――――――――――――――――――3

1.3日本茶道と禅宗とのかかわり――――――――――――――――――3

第二章 日本茶道の礼儀――――――――――――――――――――3

2.1日本茶道の規則――――――――――――――――――――――――3

2.2茶事礼儀―――――――――――――――――――――――――――4

第三章 日本人の自然観と日本の茶道礼儀―――――――――――4

3.1日本人の自然観―――――――――――――――――――――――――4

3.2喫茶礼儀の中の自然観――――――――――――――――――――――5

3.3茶の湯の中の自然観―――――――――――――――――――――――6

3.4茶の花の中の自然観―――――――――――――――――――――――7

3.5茶菓子の中の自然観―――――――――――――――――――――――8

おわりに――――――――――――――――――――――――――――――8

参考文献―――――――――――――――――――――――――――――10

茶道から日本人の自然観を見る

                       ――茶道礼儀を中心に

はじめに

茶道は日本文化の結晶で、また日本人の生活の規則でもある。それは日本人の心の託しである。茶道はすでに5百年の歴史があった。統計によると、茶道の活動に参加する人が5百万数だそうである。日本の茶道から日本人の独特な喫茶の習わしを知ることができる。

茶道の内包について、全世界だけではほとんど知らないが、教養の高い日本の学者までも、それに対してもあまりわからない。日本で、茶道を研究する大家は谷川澄三、久松真一、熊倉功夫などがいる。

1.美学中心論。1977年、谷川澄三は『茶道の美学』を発表した。彼は茶道を「体の動作を介して公演する芸術だ」と定義した。茶道の中で、普段のように気軽にお茶を飲むのではなく、要求される動作に従って飲むべきである。同様にお辞儀をするのは自分の判断に従ってお辞儀をすることができなく、要求される動作をし、要求される話を言うべきである。一つの「畳」でも、何歩を歩くべきか、全部決まりがある。従って、茶道は芸術の範囲に属する。谷川澄三のこの学説は日本の茶道界に尊重を受けた。

2、総合文化論。久松真一(1989-1980)は、宗教の角度から茶道に対して分析を行った。彼は茶道を「茶道の文化は喫茶をきっかけとする総合文化の体系だ」と定義した。茶道の文化は総合性、統一性、収容性を持つ。その中は芸術、道徳、哲学、宗教と文化の各方面を含んでいる。久松真一は茶道が本当の禅の理想を実現したことと褒めた。彼が茶道を禅と結び付ける研究は、日本の茶道界の多数の学者に賛成を受けた。

3、茶道世能論。熊倉功夫は、歴史学の角度から茶道に対して分析を行った。彼は茶道が1種の室内での芸術技能だと主張している。それは極めて大きな収容性と弾力性がある。老若男女を問わず、全部この芸術技能の活動に参加することができる。室内の一挙一動は一定の規則によって活動することが求められる。室内の芸術技能の雰囲気は高い密度で緊張するのである。

本論は茶道の礼儀の角度から、日本人の自然観を研究してみたい。これは日本語学習者に対して、日本文化と日本人と性格をもった理解することに役立つだろうと思う。

  • 日本茶道

1.1茶道とは

茶道とは、湯を沸かし、を点(た)て、茶を振る舞う行為である。またそれを基本とした様式と芸道である。元来「茶湯」を「茶の湯」といった。千利休は「数寄道」、小堀政一は「茶の道」という語も使っていたが、江戸時代初期には茶道と呼ばれた。海外では「Japanese tea ceremony(=茶の儀式)」として岡倉天心が紹介し、以後その名前で定着する。

1.2日本茶道の歴史

日本の茶道は「日常の茶飯事」の基礎で発展したのである。それは日常生活と宗教、哲学、倫理と美学を結び付けて、一つの総合的な文化芸術活動となった。それはだだの物質的享楽だけでなく、主にティーパーティと茶の礼儀の学びを通して、人の美感と品性を育成するのである。桑田中親は「茶道はすでに単純な娯楽から、日本人が日常生活の規則と理想となってきた。」こう言った。

初めて中国から体系的に茶の知識を持ち込んだ書物は陸羽(733年 – 804年)の書いた『茶経』と言われている。この本には、茶の木の育て方、収穫方法と道具、たてかた、飲み方、歴史などが詳しく書かれている。

茶を飲む習慣と茶の製法は平安時代遣唐使によってもたらされた。鎌倉時代に、日本に禅宗を伝えた栄西道元によって薬として持ち込まれた抹茶が、禅宗の広まりと共に精神修養的な要素を強めて広がっていった。さらに茶の栽培が普及すると茶を飲む習慣が一般に普及していった。 室町時代においては、飲んだ水の産地を当てる闘水という遊戯から、闘茶という、飲んだ茶の銘柄を当てる一種の博打が流行した。村田珠光が茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する茶会のあり方を説いた。これがわび茶の源流と成っていく。

わび茶はその後、町衆である武野紹鴎、その弟子の千利休によって安土桃山時代に完成されるに至った。16世紀末、千利は歴代の茶道の精神を受け継ぎ、日本の正統の茶道を創立した。彼の出した「和静清寂」は字数が簡潔だが、意味が豊かである。利休のわび茶は武士階層にも広まり、蒲生氏郷細川三斎牧村兵部瀬田掃部古田織部芝山監物高山右近利休七哲と呼ばれる弟子たちを生んでいく。さらにはわび茶から発展し、小堀遠州、片桐石州織田有楽ら流派をなす大名も現われた。現代では特に武家茶道、或いは大名茶などと呼んで区別する場合もある。

江戸時代初期までの茶の湯人口は、主に大名・豪商などが中心のごく限られたものであったが、江戸中期に町人階級が経済的勃興するとともに飛躍的に増加した。

本来の茶道の目的である「人をもてなす際に現れる心の美しさ」である。この際に大徳寺派の臨済宗寺院が大きな役割を果たし、利休流茶道の根本とされる「和敬清寂」という標語もこの過程で生み出された。各流派による点前の形態や茶会様式の体系化と言った様式の整備に加えて、「人をもてなす事の本質とは」と言った茶道本来の精神を見直すことによって、現在「茶道」と呼んでいる茶の湯が完成したのである。

1.3日本茶道と禅宗とのかかわり

茶道の文化の粋は禅である。禅は「本来一物なし」、「我心即仏」と主張している。禅は日常生活の修行をとても重視する。すなわち、修行するのは経典を読んで勉強する必要はなく、日常生活の飲食の上で修業を積むことである。茶道は禅のこの思想を忠実に実行した。茶道は禅に対して宗教改革を行った。それは禅を寺院の中から解放させて、草舎に帰る。俗世間遠く隔てる禅僧を家にいるお茶人に変わらせる。茶道は禅を庶民の生活と結合させて、新しい禅の文化を作った。この新しい禅の文化は世の中の生活の全てを含める。お茶を飲むなどのきわめて普通の物事の中で普通でない宗教が含まれる。



……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1476.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩