日语论文网 论文范文 日语论文范文:ドラマ『ゆとりですがなにか』から見る日本のゆとり教育

日语论文范文:ドラマ『ゆとりですがなにか』から見る日本のゆとり教育

ドラマ『ゆとりですがなにか』から見る日本のゆとり教育

目录                

要旨… 1

摘要… 2

はじめに… 3

1.『ゆとりですがなにか』について… 3

2『ゆとりですがなにか』から見た日本のゆとり教育状況… 5

2.1ゆとり教育とゆとり世代の定義… 5

2.2ドラマに表現されるゆとり世代の例とその特徴… 6

3.ゆとり教育についての検討… 8

3.2ゆとり教育が現れた原因… 10

4 ゆとり教育による影響から示唆へ… 10

4.1ゆとり教育の影響… 10

4.2  ゆとり教育が現代中日両国の教育現場への示唆…. 12

おわりに… 12

注釈… 13

参考文献… 15

謝辞… 15

要旨

『ゆとりですがなにか』は2016年4月から放送して平均視聴率8.4%になった、宮藤官九郎の体表的なドラマの一つである。この作品は日本でゆとり教育の嵐を引き起こしたことであって、日常生活の中で、数多くの生徒たちの心理と教育を受ける実況などが詳しく表現されており、「ゆとり世代」たちの成長段階での特徴が体現され、各種の生き生きとした本当の事例によって有効な教育角度からゆとり教育の精髄が現われている。

実は30年前、日本は「点数しか認めない」という大学入試に引き起こった基礎教育の受験化と学業負担が大きすぎる現象を公然と批判した。その後、「ゆとり教育」が日本の基礎教育を30年間主導した。その30年間で、日本の中央と各地の教育主管部門は一連の負担軽減の政策を実施したが、結局それらの政策が負担を軽減する効果が出なかったが、一連の副作用を生じた。そのために、日本の30年間の「ゆとり教育」が「負担軽減」を実現し、「負担軽減」を反省する経験と考え及び日本教育が目前のゆとりを取り除くことを探求することに通して、中国教育に啓発をもたらすことに重大な意味がある。国内では、小中学生の負担が絶えず増加することが教育の人気話題になった。中日両国の社会背景がほぼ同じく、日本30年間の「ゆとり教育」の経験を理解することを通じて、両国のその具体的な教育現場に啓発と自分の考えを提供することができると望んでいる。

キーワード:ドラマ『ゆとりですがなにか』 ゆとり教育 ゆとり世代 影響 示唆

摘要

『宽松世代又如何』是宫藤官九郎的代表作之一,该剧在2016年4月份开始播放,平均的收视率高达8.4%。这部作品在日本掀起了关于宽松教育的热议,这部作品真实的表现出了在宽松教育体制下得学生们在日常生活和学习中的心理和受教育的的实况,宽松世代教育下的学生们在成长阶段所表现的特征与各种活灵活现的事例有效的表现出了宽松教育的精髓。

30年前,日本对“只认分数”的大学入学考试带来的基础教育应试化和学业负担过重现象大肆口诛笔伐。此后,“宽松教育”主导日本基础教育30年,30年间,日本中央和各地教育主管部门实施了一系列减负政策,结果这些直接减负的政策手段根本没有达到减负的效果,还产生了系列副作用,因此,通过日本“宽松教育”30年中实现了“减负”又反思“减负”的经验与思考,以及日本教育当下的去宽松化探究给中国教育带来的启示具有重大意义。在国内,中小学生负担的不断增加成为教育热点话题,中日两国社会背景相似,希望通过了解日本30多年“宽松教育”的经验教训对我国的教育改革提供一些借鉴。

关键词:宽松教育  社会背景  教育改革  启发

はじめに

近年我が国は教育改革問題が深刻しつつある。人民日報によると、「学校の授業が終わると、鞄の中から宿題を取り出し宿題に取りかかる。休みに入ると、鞄を背負って補習に行く。 新学期が始まると、学生にのしかかる負担はさらに膨れ上がり、山より大きくなる」。これは中国の小中高生の現実の姿である。詰め込み授業、多くの宿題、度重なるテスト・コンクール、巨大な受験ストレスは、彼らの楽しい子供時代を奪い、若さ真っ最中の彼らの口から ため息とともに出てくる共通の言葉は「疲れた」だけである。

こうした状況で我が国の一部学者は先進国の教育制度を学ぼうの声が繰り返してきた。しかし、先進国の教育制度は完璧であろうか?本研究では、ドラマ『ゆとりですがなにか』を通じて、先進国として日本の過去三十年のゆとり教育を受けた青年らは職場で会った問題を考えて、ゆとり教育の具体的な内容と実質、またその教育事情が現れた原因を検討して、ゆとり教育の影響とその啓示を総括してみよう。

1.『ゆとりですがなにか』について

 ドラマ『ゆとりですがなにか』は1987年生まれのゆとり第一世代の3人の男を主人公にした人間ドラマが展開された。この小説のあらすじは以下のとおりである。

 食品会社営業マン坂間正和は、「ゆとり世代」と揶揄される29歳だが、居酒屋への出向を命じられ自分よりもさらに下のゆとり世代である後輩・山岸ひろむに振り回されるなど悩み、「レンタルおじさん」の麻生厳に相談する。そこで同い年の小学校教員・山路一豊と知り合い、世代特有の悩みを打ち明け合う仲になる。ある日駅で列車飛び込みが起き、正和は山岸が自殺したのではと心配し駆けつける。結局別人と分かったが、正和は自殺した青年の母・明子と交流を始める。

 一方で山岸は正和から受けた注意をパワハラと称して訴訟を盾に正和ら上司を責め、正和は数日間の謹慎処分となる。また正和たちにボッタクリ店を案内した風俗店の呼び込み・道上まりぶが麻生の実子で同い年と知る。正和と一豊はチンピラまがいの彼を迷惑がるも、まりぶは正和の店に通い詰めるようになる。同じころ、一豊の学級では教育実習生の佐倉悦子が突然一豊に告白し、学級内でのいじめ発生を主張して彼を振り回す。結局いじめではないと判明するが、居酒屋での話し合い上で一豊は悦子と教師一同に責められる。ところが、まりぶがその場に割って入り彼女らの欺瞞を暴き立て、騒ぎは一豊が悦子を教師の先輩として叱咤激励し幕となる。

かたや、悦子の彼氏と称する若者・小暮静磨が、一豊に嫉妬して突然小学校にどなり込む。一豊は童貞であることを学校中にばらされ、授業参観の準備で保護者にクレームを付けられるなど散々な目に遭う。また正和と茜の関係が社内に知られたことを期に二人はぎくしゃくし始め、茜は同じボルダリングジムに通う一豊と対話を深める。同じ頃、正和の店に訪れた山岸が店内で問題を起こす。上司たちやまりぶに叱責される山岸を、正和は自殺した青年の仏前に連れてゆく。

 ある日、就職活動に悩む妹・ゆとりの行動に不審を抱いた正和は、彼女がまりぶに興味を持ち、彼が店長を任されたガールズバーに勤め始めたことを知って動揺し、麻生に偵察を頼む。茜が仕事と正和との間で揺れる心を明らかにしたあと、正和から別れを告げる。学習障害(LD)を持つ転校生の対応に奔走する一豊を悦子が訪ねるが、彼女が実習を終えて教職を選ばない選択をしたと知った一豊は仕事への悩みをついぶちまけ、甘い雰囲気になるが進展せず終わる。そして正和は、ゆとりがバーを辞めたものの、まりぶが妻子ある身と知らないまま彼と交際を始めたと知る。

 正和は自分の行状を父や家庭環境のせいにするまりぶを怒鳴りつけ、ゆとりの就活を考えて内定獲得後に別れるよう彼に命じる。一豊はLD児への対応でその母・奈々江と親しくなったり、茜と旅行に行ったりと「モテ期」がやってくるものの、童貞を失うことへの葛藤があることを正和たちに告白し、茜から聞いた正和への本心を伝える。

 ゆとりは内定を獲得し、一安心した正和だが、野上の会社が食中毒を起こしたことが明らかになり、上司・早川の先導で野上の会社を救済すべく手を尽くす。そんな中で茜を訪ねてきたその父・重蔵は二人の破局を知らずに強引に結納を進めようとし、正和たちは家族らの前で別れたことを告白し茜と口論してしまう。そしてまりぶは突然風俗の仕事を辞めて造園業見習いを始める。後日、茜が正式に仙台支店への辞令を受けたと同時に正和はエリアマネージャーに抜擢される。

 一豊は学校で性教育授業を行うことになるが、童貞の彼に授業が行えるのかと周囲の教師に偏見の目で見られる。そんな時、まりぶとゆとりの関係を知り驚いた一豊が彼に話を聞くと、まりぶはすでにゆとりに別れを告げられたことと、サラリーマンとして不器用ながらも懸命に働く正和の姿に感銘を受け、自分探しの日々に区切りを付けて受験を諦め地道に働き始めたことを語る。その正和は、兄・宗貴夫妻が酒造の家業を辞め農業を始めたいと言いだしたことに母・和代が激怒するなど、家族間の険悪さに悩みつつ仕事に打ち込み、店でのランチ展開を成功させる。そして茜が店で挨拶をする場で、正和はこの数か月の仕事でやりがいを得たことを語り、会社を辞め家業を継いで結婚する決意をしたと宣言して茜に求婚、茜はその場で受諾し二人は会社を退職する。しかし坂間家では、兄嫁のみどりが妊娠し宗貴が農業を諦めたと言われ、正和の跡取りへの決意は宙に浮く。一方、まりぶは自分が以前ぼったくり店に案内した職場の先輩から陰湿な嫌がらせを受け喧嘩になり、その勢いで客引きに復帰した店に強制捜査が行われて逮捕され、不法滞在中の内妻ユカは赤子を連れて逃亡する。

 麻生はまりぶの異母兄・政伸に弁護を依頼するが、複雑な家庭事情で険悪な仲の兄弟は決裂する。しかし正和らは、これまで付き合ったマリブの人柄を評価し、ゆとりは留置中のまりぶに手紙を送る。退職後、茜は専業主婦になるべく坂間家で同居を始め、正和は営業として店舗を回るがうまくいかない。

だが挙式が目前に迫ったある日、茜が仕事復帰を望み喪失感にとらわれていると見抜いた正和は元の会社への復職を薦めるが、それを拒絶する茜を問いつめた結果、彼女が早川と関係を持ったことを告白させてしまう。一方、性教育授業を前に混乱する一豊は奈々江、悦子と続けてラブホテルに行くが結局童貞を脱出できず、性欲に振り回される自分に悩みながらも授業の日を迎える。一豊は説明をベテラン教師にフォローしてもらう始末ながら、30歳を前にしても大人になりきれない自分の率直な思いを語り、完璧な大人などいないこと、だからこそ他人の失敗を許せる大人になってほしいというメッセージで授業を終える。

 挙式当日、花嫁道中の最中、早川との件に衝撃を受けるも茜に負い目を感じてほしくないと悩む正和はその場を逃げ出し、早川の元へ向かい彼に鉄拳を喰らわす。逃げる途中で正和はユカが偽名で働いているのを発見し、まりぶのアパートに連れ帰り夫と引き合わせる。正和は、彼の現状を知ったまりぶによって強引に結婚披露宴の席へ連れて行かれる。一人で晒し物になりながらも会場で待ち続けた茜は、正和と結婚できなければ独身を貫くと誓い、正和もまた彼女と同じ気持ちを伝える。二人は列席者一同の前でキスを交わし全員の祝福を受ける。後日、新作の日本酒を早川に売り込むことに成功した正和と、レベルを落としながらも大学に合格したまりぶはそれぞれの妻と婚姻届を書き、悦子と交際を始めた一豊は彼らの婚姻の証人となる。

2『ゆとりですがなにか』から見た日本のゆとり教育状況

 本節では、ドラマ『ゆとりですがなにか』でよく出たゆとり世代は何か、またこうした世代の特徴は何かなどについて検討してみよう。

2.1ゆとり教育とゆとり世代の定義

 ゆとり教育とは、「詰め込み教育」と言われる。知識量偏重型の教育方針を是正し、思考力を鍛える学習に重きを置いた経験重視型の教育方針をもって、学習時間と内容を減らしてゆとりある学校を目指し、1980年度、1992年度、2002年度から施行された学習指導要領に沿った教育のことである。  こうしたゆとり教育を受けた生徒らはゆとり世代と呼ばれる。ゆとり世代に正確な定義は存在していないが、一般的に2002年度に改正された学習指導要領から2011年度に改正された学習指導要領までの間に1年間でもゆとり教育を受けた世代のことをゆとり世代と言い、1987年4月2日生まれから2004 年4月1日生まれの人が該当するとされている。また、学習指導要領の改訂および移行措置が、小学校は2011年度、中学校では2012年度、高等学校において2013年度の第一学年から学年進行で実施された。この改訂後の教育は「脱ゆとり教育」と呼ばれている。なお、このいわゆる脱ゆとり教育で学校教育を受けた世代は1996年4月2日生まれ以降であり、ゆとり教育を受けたが、脱ゆとり教育を受けなかった世代は、1987年4月2日生まれから1996年4月1日生まれということになる。このゆとり教育の影響を色濃く受けている、1987年4月2日生まれから1996年4月1日生まれを狭義でのゆとり世代とすることがある。


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1439.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩