日语论文网 论文范文 日语论文范文:『紅楼夢』と『源氏物語』における林黛玉と紫の上の女性像

日语论文范文:『紅楼夢』と『源氏物語』における林黛玉と紫の上の女性像

要約:

『紅楼夢』と『源氏物語』はそれぞれ中国と日本においてもっとも広く愛読されている古典の長編恋愛小説である。現在刊行されている『紅楼夢』は十八世紀に曹雪芹と高鶚によって書かれた小説で、『源氏物語』は十一世紀の初頭に後宮の女房紫式部によって書かれた物語である。両者の成立年代は七百年以上も隔たっているが、多くの類似点が見受けられる。両作品は単にともに貴族社会を背景に描き上げた恋物語ばかりでなく、作者達には、ともに人間の情欲、宿命をつきとめようとする試みが見受けられる。

又、両者の創作動機も著しく類似している。曹雪芹は作品の冒頭で自分の創作動機を語る際、すでにこの物語は「フィクション」であることを打ち明けている。又、今の自分がおちぶれているが、以前自分のまわりにいた立派な女性たちをそのまま埋もれさせたくない。そのゆえフィクションの物語によってそれらの女性の事蹟を後世に伝えたいという。女性を書くのは『紅楼夢』では重要なモチーフの一つであることが明らかである。一方、『源氏物語』の作者も「蛍」の巻で、主人公源氏をして、作り物語が虚構を持っているという。そして、作者の式部も女性であるためか、作品の中で多くの女性が描かれ、特に第二部は「女性の生き方」を主題とする語りだと言える。両作品の中で、ともに女性が重要な位置を占めていることは明白である。そのゆえに両国の文学における女性像を探求するには、この二つの作品を抜きにすることは出来ない。そのため、今度は日中両国の文学における女性像を研究する一環として、特に作品の中でもっとも主人公に愛され、読者達の心を引き付ける林黛玉と紫の上に焦点を当て、両者の出生背景、性格、人生体験及び運命、ひいては両文学の女性像の異同を試みに考察しようとするものである。

摘要:

《红楼梦》和《源氏物语》分别是在中国和日本受大众广泛喜爱且阅读的古典长篇小说。现在发行销售的《红楼梦》是由曹雪芹和高鹗在18世纪完成的小说,《源氏物语》是由后宫女官紫式部在11世纪初期完成的物语小说。俩者的成书年代虽然相差700多年,但是仍然可以找到很多相似点。俩者不仅是以贵族社会为背景描写的恋爱小说,也可以看出作者对于人类情欲宿命的描写。而且俩者的创作动机也极为相似。曹雪芹在作品开头阐述自己的创作动机时,就表明这部小说是虚构的,并表明虽然自己现在家道中落,但是不想掩埋以前在自己身边的优秀女性,想通过这部虚构小说告诉后世的人们这些女性的事迹。女性描写是《红楼梦》的一个重要主题由此就变得十分清晰。与此相对,《源氏物语》的作者也在《萤》这一卷中,构建主人公光源氏,所写物语带有虚构性。而且,也许因为作者紫式部是女性的原因,作品中描写了众多女性,特别是第二部可以说是以女性的生存方式为主题。俩部作品中女性占据重要位置这一点是很清晰的。因此,对于俩国文学中的女性形象的探究脱离对于这俩部作品的研究是不能完成的。因此,将日中文学中对于女性形象的探究作为研究的一环,特别是作品中被主人公深爱、抓住读者的心的林黛玉和紫姬,将焦点放在这俩个人身上,考察俩者人物的出生背景、性格、人物经历以及人物命运,进而考察俩者女性形象的异同。

はじめに

紫の上も林黛玉も男尊女卑の男権社会で生活する。源氏物語は、日本の繁盛している平安時代中期の京都を舞台として叙述する物語である。そのような社会は、女性の地位がだんだん下がて、さらには男性のおまけものになる。宮廷女官の行政機能がだんだん弱くなて、次第に天皇の妾になる。社会の上位にいる貴族が淫欲にふける生活をする。社会には、男尊女卑の現象がたくさんある。婚姻関係の面は、婚姻制度は、一夫多妻制であった。夫は正妻のほかに多くの妻(妾)を持った。結婚生活は、男女がそれぞれ別々に生活し、夫が妻の家へ通う通い婚が一般的であった。紫の上は、その社会に生活する。林黛玉は紫の上のように、中国の一夫多妻制や男尊女卑や長尊幼卑などの封建思想が勢い清朝の封建社会の家長制や専制君主制として統制する时代にいる。二人も自分の運命を把握できない。

1『紅楼夢』とその女性主人公の林黛玉の紹介

18世紀頃、中国清朝時代に口体で書かれた長編小説。執筆された当時の原題は『石頭記』。一般に曹の作とされるが異説もある。また、現存している全二十話のうち、曹芹の手による部分は前半八十話のみとされる。内容は主人公である賈宝玉と従妹の黛玉との悲であるが、単なるロマンスとしてより、当時の上流階級の生活や登場人物の交情などの緻密な描写が文学作品として高く評価されている。この作品を研究する者も居り、「学者」と呼ばれた。中国では『西遊記』『三国志演義』『水滸伝』の三つと並んで、『四大名著』の一つに数えられる。ちなみにこの『紅楼夢』を外して『』を入れると『四大奇書』と呼ばれる。当時の官僚政治への批評的内容を含んでいるためか、もしくはその艶やかなストーリーが問題視されたか、はたまた熱狂的ファンによる過熱気味の人気(後述)を抑えようとしたのか、一時は禁書に定されてしまった。現存する後半四十話の作者が前半と異なるのは、禁書になっている間に八十話より後の原稿が失われ、さらに禁書が解除された頃には曹が病死してしまっていたためとも言う。

黛玉は宝玉の従妹で幼なじみだ。詩才と機知に富む一方、病弱で繊細な女性である。そして厭世的で悲観的かつ神経質で極めて感受性の強い美少女だ。宝玉が好きだが、プライドが高いためか素直になれない。西施や趙飛燕にたとえられる華奢で嫋やかな儚げな美貌だ。西施同様よく眉を顰めている。海棠詩社での号は瀟湘妃子だ。衰退した封建家庭で産まれた林黛玉は、幼い頃に両親をなくし、賈家に身を寄せる。美しく、可憐な林黛玉は、賈宝玉の心をしっかり掴む。小説の主人公である賈宝玉と林黛玉は、お互い愛し合いますが当時の社会で決して許されない「身分」という大きな壁にぶつかる。林黛玉は賈宝玉に一筋の愛、変わらぬ愛を求めるが、最後は賈宝玉と結ばれることなくこの世を去ってしまう。

2『源氏物語』とその女性主人公の紫の上の紹介

2008年11月1日、「源氏物語千年記念」活動が日本の京都市の国立京都国際会館で行われた。天皇皇后及び約2400人が参加し、11月1日が「古典の日」と決まった。源氏物語は平安時代中期の11世紀初期、紫式部が創作された長編の虚構物語である。この作品には、主人公光源氏の一生70年余にわたって、彼とその一族たちのさまざまの人生を述べり、王朝文化の最盛期の宮廷貴族の生活の内実を描き尽くしている。源氏物語はこれ以前の物語作品とはまったく異質の優秀な文学的達成であり、文学史上の奇跡ともいえる。源氏物語は、以後の物語文学史だけではなく、日本文化史の展開にも大きな意義を持っている。日本人にとっての遺産であるのみならず、世界的にも最高の文学の一つとして高く評価されている。


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1435.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩