日语论文网 论文范文 日语论文范文:《人間の証明》から戦後日本の社会問題を見る

日语论文范文:《人間の証明》から戦後日本の社会問題を見る

要旨:森村誠一は日本の有名な推理小説作家で、『人間の証明』は彼の代表作である。1977年『人間の証明』は映画に改造した。映画が人気に呼ばれていた。小説も映画も人間の奥深い心の黒い角色が醜いと悪を描き出した。『人間の証明』は人間性を掘る同時に、社会現実を描き、社会責任感が溢れている読み本でもある。本稿では、社会学の角度から『人間の証明』を検討してみる。まず、『人間の証明』のあらすじ、地位と影響及びその作者の森村誠一を簡単に紹介する。そして、『人間の証明』から戦後日本における社会経済の問題や日米の問題、日本人の精神の問題、環境問題などを詳しく分析しようと思う。さらに、戦後日本の現れた問題に対して、いくつかの対策を出す。最後、日本の社会問題は発展途上国の中国への啓発をまとめてみる。

キーワード:戦後日本 経済問題  日米問題 精神状態 対策 啓発 

中文摘要:森村诚一是日本有名的推理小说家,《人性的证明》是他的代表作。1977年《人性的证明》被改造成电影。电影很受欢迎。小说和电影都刻画了人内心深处黑暗和丑陋的一面。《人性的证明》在挖掘人性的同时,也是一部描写社会现实,充斥社会责任感的读本。本稿从社会学的角度试着讨论《人性的证明》这部作品。首先,先简单地介绍《人性的证明》的故事情节,其地位和影响,以及它的作者森村诚一。然后,从《人性的证明》来详细地分析二战后日本的社会经济问题、日美问题、日本人的精神问题、环境问题等。并且,查找战后日本应对问题的对策。最后,试着归结下日本的社会问题对处于发展中国家阶段的我们中国的启发。

关键词:战后日本  经济问题  日美问题  精神状态  对策  启示 

はじめに

1『人間の証明』という小説

1.1『人間の証明』のあらすじ

1.2『人間の証明』の地位と影響

1.3『人間の証明』の作者――森村誠一

2『人間の証明』から見た戦後日本の問題

2.1『人間の証明』の中の戦後日本の経済問題

2.2『人間の証明』の中の戦後の日米問題

2.3『人間の証明』の中の戦後の日本人の精神問題

2.4『人間の証明』の中の戦後日本の環境問題

3戦後日本の現れた問題への対策

3.1戦後日本の経済対策

3.2日本政府の環境対策

3.3戦後日本の精神状態

4日本の社会問題の発展途上国の中国への啓発

4.1日本の経済対策の啓発

4.2日本の環境対策の啓発

おわりに

参考文献

はじめに

『人間の証明』は森村誠一が作られた長い小説で、現代の日本の推理小説作家としての地位を確立した。彼の作品は大体的に想像力が特別だと思われている。人間や感情などの社会責任感が溢れている。この小説は1976年に日本角川で最初出版した。2005年にかけて、さまざまな日本語文集が総770万本に上った。日本文学界で一つの奇跡になった。1977年『人間の証明』も改造した映画になった。映画が人気に呼ばれていた。従って、文学学者あるいは社会学者などはそれについて研究したことがある。

国内では、李红旗の「『人間の証明』の原作者―森村誠一」という文は作者の角度から作品の形成原因を分析した。赵稀方の「「新時期の中の構造文学―森村誠一と川端康成を例として」という文は、文学研究の角度から、この小説の書き技巧と包んだ文学価値について検討した。苏叔阳の「資本主義文明が人を殺す凶悪犯だ――日米協力の映画の「人間の証明」を語る」という文は、人間性の角度から、小説基づく撮った映画に対して掘った。

以上述べた研究は社会学の角度から着手していない。本稿は先行研究を踏まえて、森村誠一の『人間の証明』を対象とする、戦後日本の人間性と社会問題を考察してみたい。まず、『人間の証明』のあらすじ、地位と影響及びその作者の森村誠一を簡単に紹介する。そして、社会学から『人間の証明』の作品を通して、戦後日本の社会問題を見てみようと思う。

具体的には、まず、『人間の証明』のあらすじ、地位と影響及びその作者の森村誠一を簡単に紹介する。そして、『人間の証明』から戦後日本における社会経済の問題や日米の問題、日本人の精神の問題、環境問題などを詳しく分析しようと思う。さらに、戦後日本の現れた問題に対して、いくつかの対策を出す。最後、日本の社会問題は発展途上国の中国への啓発をまとめてみる。

1『人間の証明』という小説

1.1『人間の証明』のあらすじ

東洋的な風貌を顔に刻んだ一人の黒人青年が、キスミーに行くという言葉を残して、みすぼらしいスラムをあとに、一路東京へと飛び出発した。東京ロイヤルホテルの42階で、人気絶頂の女流デザイナー八杉恭子のファッションショーが始まって間もないころ、エレベーターの中で黒人が胸にナイフを突き刺し、西条八十を持ったままその場に死んでいた。男の名前はジョニーヘイウードでした。現場近くの潜水公園を検証し、そこで古い麦わら帽子を発見しました。その夜、別の場所で車による轢殺事件が起きた。運転していた郡恭平は恋人の路子と共に、なおみの死体を車に担ぎこみ、勝手にした。一方、息子の恭平に八杉恭子が買い与えた時計その場所に落ちた。息子の恭平が事故を起こしたことを知った八杉恭子が、彼を外国へ逃がしました。古くから霧積に住む中山種という妻の話によると、昔、霧積にやって来た黒人の親子連れを見かけたことがあるという。戦後30年、さまざまな生き方をしてきた人々が、見えない一本の系に絡まれるように、東京とニューヨークを結ぶこの事件を進みしていた。

この激しい小説の導入方は,「ストウハ」や「キスミー」など、謎のキーウードを残した、この黒人青年の悲しいを、もっとも上昇させたシーンであり、小説のラストで明らかにされた時、読者の涙を誘わずにはいられない仕掛けになっている。物語が進むにつれ、解き明かされていくスターの汚点、人生の二面性は「人間は過去を隠そうとするのではなく、過去と向き合わねばならない」ということを語っている。

1.2『人間の証明』の地位と影響

『人間の証明』は現代日本を代表する推理小説作家としての地位を確立した森村誠一が作られた長い小説である。彼の作品は大体的に想像力が特別だと思われている。人間や感情などの社会責任感が溢れている。自らも「私の文学は熊谷から発して、きっと熊谷に完結することでしょう」と述べていた。この小説は1976年に日本角川で最初出版した。2005年にかけて、さまざまな日本語文集が総770万本に上った。日本文学界で一つの奇跡になった。1977年『人間の証明』も改造した映画になった。映画が人気に呼ばれていた。今までも、映画の中で出た歌曲の「麦わら帽子」も皆に歌われている。その上、小説にもとてドラマにも変われていた。

1.3『人間の証明』の作者――森村誠一

森村誠一は、日本の有名な小説家作家である。推理小説時代小説ノンフィクションなどを手がける。ホテル勤め(ホテルニューオータニなど)の経験があるため、ホテルを舞台にしたミステリが多い。また、若い時代に登山に熱中したことから、山岳を舞台とした作品も多い。

推理小説のシリーズキャラクターとして、棟居弘一良棟居刑事シリーズ)、牛尾正直終着駅シリーズ)を生み出している。1977年に映画化された『人間の証明』を中心とした、角川書店角川春樹社長のブロックバスター戦略の存在の一人となり、作品は大半が文庫化され、一躍、ベストセラー作家になった。なお、『人間の証明』は映画化を前提に、角川から依頼されて執筆した。続く『野性の証明』も、やはり映画化を前提で、角川から依頼されて執筆している。そのさい角川から「あなたにとって作家の証明となる作品を」と言われたことが、題名の由来である。著作の累計発行部数は1億部を超える。

2『人間の証明』から見た戦後日本の問題

2.1『人間の証明』の中の戦後日本の経済問題

1965年の日韓条約締結以降は、日本企業のアジア進出が目立った時期であった。日本政府がODAで受け入れ国の産業基盤を整え、続いて民間企業が進出して現地生産し、その低コストの製品を海外輸出するというパターンが官民一体で進められた。このODAや日本企業の進出が、アジア諸国の工業発展に寄与した面を無視するべきではないが、受け入れ国の人たちから「エコノミック・アニマル」と批判されるほど、露骨なひもつき援助であったのも事実で、東南アジア諸国では日本商品ボイコット運動が起こったぐらいである。

しかし、この日本の高度成長も、1973年から74年にかけての石油危機によって終焉を迎えることになる。石油危機は、資源小国日本にとっては国家の存亡がかかった大問題だった。日本は国と企業が一丸となって、省エネルギー型産業構造への転換を進めた。その結果、日本の製造業は世界に先駆けてロボット、NC(数値制御)工作機械などの導入に踏み切り、徹底した省エネルギー・省力化によって、この危機を乗り切ることに成功した。そして国際競争力を高めた日本製品は世界市場を席巻し、80年代の安定成長に入った。日本人は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という優越感に酔いしれた。しかし、「驕る平家は久からず」とはよく言ったもので、日本はバブル景気に浮かれ、1990年のバブル崩壊後は「失われた10年」と呼ばれる深刻な不況に突入することになる。


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1430.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩