日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本語の「は」と「が」について

日语论文范文:日本語の「は」と「が」について

要  旨
「は」と「が」は、日本語の構文の最も重要な部分にかかわるのである。これは、日本語を学習する外国人にとって、難しい問題の一つだと言える。中国人の学習者にとっても日本語の「は」と「が」の使い分けは難しさを感じるものである。その難しさの理由についていくつかが挙げられる。「は」と「が」の使い方は多岐にわたるので、その全てを扱い、説明することはできない。本稿では、「は」と「が」の使い分けのうち、題目語の「は」と主格語の「が」の使い分けを主な考察対象にした。そして、単文、重文と複文を通して、“は”と“が”に対して簡単な区分と分析を行って、最後に三つ中国の日本語教科
の対比によって、「は」と「が」の使い分けできない理由を説明した。

キーワード:単文、複文、主題、主語、日本語学習

摘  要
“は”“が”是关系到日语句子结构的最重要的部分。对于学习日语的外国人来讲,可以说它们是一个难题。即使是中国的日语学习者也很难区分出“は”和“が”。关于它们难区分的原因我们可以举出好几项。“は”和“が”的用法涉及许多方面,所以无法来对此一一说明。本稿在区分“は”和“が”的过程中,以题目语的“は”和主格语的“が”为主要考察对象。并且通过单句,并列句和复句对“は”和“が”进行了简单的区分和分析,最后根据三本中国的日语教科书的对比,说明了“は”和“が”不能分开使用的理由。

关 键 词:单句、复句、主题、主语、日语学习

目  録

はじめに…………………………………………………………………………1
第一章 文の中の「は」と「が」………………………………………2
1.1主题と主語…………………………………………………………………2
1.2単文、重文、複文の中にある「は」と「が」の使い方…………2
1.2.1単文の中にある「は」と「が」の使い方…………………………2
1.2.2重文の中にある「は」と「が」の使い方…………………………4
1.2.3複文の中にある「は」と「が」の使い方…………………………4
第二章 「は」と「が」の相違点……………………………………………5
2.1定義…………………………………………………………………………5
2.2「は」と「が」使い傾向………………………………………………5
2.2.1強調の対象………………………………………………………………5
2.2.2疑問語の作用…………………………………………………………6
2.2.3事物性質…………………………………………………………………6
2.2.4ほかの違う………………………………………………………………7
第三章 中国の日本語教科書から見る「は」と「が」…………8
3.1中国の日本語教科書におけての「は」と「が」……………………8
3.2「は」と「が」の使い分けができない理由…………………………10
おわりに…………………………………………………………………………12
参考文献…………………………………………………………………………13
謝辞…………………………………………………………………………………14

はじめに
「は」と「が」は、前者は、係助詞、あるいは提示助詞と呼ぶべき助詞であり、後者は格助詞のひとつであって、その種類、その性格を異にするものであるために、説明も複雑にならざるを得ず、従って、理解もはなはだ困難なのである。
中国人にとってもそれは例外ではない。日本語を学ぶ人にとって、“は”はテーマを表して、“が”は主語を表している;対比文の中で“は”を使って、存現文は“が”を使います;判断文の中で“は”を使って、現象文が“が”などこれらを使うのは“は”、“が”の使う違いの原則に関してすでによく知らなくなかった。ここから、この2つの助詞の違いの問題は解決をも得るようで、しかし実はちがう。たくさんの日本語の初学者はこれらを原則に使ってすらすらと暗唱しますけれども、しかし実際の運用の中で依然としてしきりに間違いが起こる。中国人の日本語学習者は「は」と「が」の使い分けに関するの問題がよくわからない。
だから、本稿では、この問題に対して,簡単な紹介と分析をする。

第一章 文の中の「は」と「が」
1.1 主题と主語
日本語のセンテンスは普通は主题部と述题部の2大部分に分けることができる。主题は話すの中心の事項と範囲を表して、センテンスのテーマ、話題です。述题部は主题部に対して必要な叙述あるいは説明を行うのです。この2つの概念を区別するため、主题をテーマ言葉にといって、主語は主格の言葉と言いう。いわゆる題述関係はテーマは――ナレーションの構造、主述関係は主語は――述語の構造。例えば:
(1) 先週の金曜日は、友達と一緒に映画を見た。
A         B
(2) 雨が,降った。
C  D
(1)の中でBはAの説明で、Aに対する叙述ではないて、だからAは主题Bは述题、(1)は題述関係べきです。
(2)の中でDはCの叙述で、Cに対する説明ではないて、だからCは主語Dは述語、(2)は主述関係べきです。
1.2 単文、重文、複文の中にある「は」と「が」の使い方
「は」と「が」の使い分けは日本の構文の基本にかかわる重要な問題であるので、これまでにも、様々な学説が出されてきた。学校文法では、文の構造上の分類として、文を単文、複文、重文という三種に分けている。その中では文の種類をどのように定義しているのかを次に示す。
1.2.1 単文の中にある「は」と「が」の使い方
単文は文の中でただ一層の主述関係を言う。センテンスはどんなに複雑なのに関わらず、文の中にただ一層の主述だけでさえすれば、すべて単文だ。
単文の中の「は」と「が」の使い分けを見てみる。
単文にある「は」と「が」の使い分けを表すには、野田尚史(1996)の述べていた「有題文」と「無題文」の原理を加えればよいと思われる。次のような順番になる。
A) 新情報と旧情報の原理の中で、旧情報には「は」、新情報には「が」
B) 現象文と判断文の原理の中で、判断文には「は」、現象文には「が」
C) 措定と指定の原理の中で、措定には「は」、指定には「は」か「が」
D) 有題文と無題文の原理の中で、有題文には「は」、無題文には「が」
E) 文と節の原理の中で、文の中には「は」、節の中には「が」
F) 対比と排他の原理の中で、対比のときは「は」、排他のときは「が」
これは、「は」と「が」の使い分けについての六つの原理である 。
この6つの原理の関連する内容が非常に広範なため、しかもはっきり見分ける難度はとても大きくて、だから本稿の中で現象文と判断文に対してただ簡単な分析と区分だけを行う。
単文はその性質から分類して、判断文と現象文に分ける。判断文、テーマが何のセンテンスだと説明する。判断文の典型的な文型は主题――述题の構造が“何は+何だと言う。現象文はある物事、現象の本来の顔を述べるのセンテンスです。判断文に比べて、現象文は客観的な陳述で、話をする人の主観、考えのものに参与しないで、判断文は話をする人の主観的な判断であることができる。例えば:
(3)鳥は飛ぶ。
(4)鳥が飛ぶ。
(3)普通の情況のため、客観の叙述に属して、すべての鳥はいずれも飛ぶ;
(4)一部の情況のため、主観の判断に属して、特に指すの鳥が飛ぶ。
だから、(3)は判断文;(4)は現象文。
1つのセンテンスを判断するのが判断文なのかまだ現象文のか、このセンテンスは制限する時制があるかどうかことによって判断ができる。
(5)地球は回る。 (動詞非時制)判断文
(6)お父さんが帰ってきた。(動詞時制)現象文
1.2.2 重文の中にある「は」と「が」の使い方
重文は文の中に関係を言う2層あるいは2層の以上の主述があって、その上分文間が、構造の独立、意義の関連しているセンテンスが互いに平等だ。
重文の中ので前後で2つの分文に並んで対比の関係を表すの時に、対比、比較することを行って部分は“は”で提示して、常用文型の“~は~が、~は~”。
例:鳥は飛びますが、犬は飛びません。
これは2つの独立するセンテンスの構成のが重文です。“重”の意味が前後に2つの分文は軽重の順次の分けることがなくて、だからこの話も「犬は飛びませんが、鳥は飛びます」と言うことができる。
1.2.3 複文の中にある「は」と「が」の使い方
複文は文の中に関係を言う2層あるいは2層の以上の主述があって、しかもその中の一層の主述は関係が別の一層の主述に属して或いは別の1のセンテンスのある1の成分に関係することを言うことを言いう。
複文の中にある「は」と「が」の使い方を見てみる。
「従属句というのは、付帯状況を表す「~ながら」や「~まま」に代表されるものである。」野田は従属句の定義を示す。従属句の性質について、こうした従属句は、「内部に独自の主格をもつことができない」ので、「従属句の内部には「は」も「が」も現れない。したがって、「は」と「が」の使い方も問題にならない。」と述べている。野田はこのような従属句の「は」と「が」の使い分けは単文での使い分けと同じであると述べている。
主句、従属句の中で主語の一致しない時、従文の中の主語は普通は「が」を使う。例:あなたが行けば、わたしも行きます。
主句、従属句が同一の主語の時「は」を使う。
例:わたしは水泳に行くとき、いつも弟を連れて行く。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1402.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩