日语论文网 论文范文 日语论文范文:志賀直哉と史鉄生の死生観を論じて

日语论文范文:志賀直哉と史鉄生の死生観を論じて

要旨

志賀直哉は日本近代の有名な作家である。彼は小説の『城の崎にて』の中に、生きることと死ぬことについての考えを表した。一方、史鉄生は中国当代の有名な作家である。彼は散文の『私と地壇』を通して、生命に対する深い観察と思索を描いた。大災難を生き延びて同じような経験を持っている二人が、生と死及び周りのものごとに対する感じ方には同じところもあれば、違うところもある。
本稿は『城の崎にて』と『私と地壇』を中心として、志賀直哉と史鉄生の死生観について比較し、その共通点と相違点を探し出したい。本稿の構成は以下の通りである。始めでは、志賀直哉と史鉄生について簡単に紹介してみた。第一章では、先行研究を簡単に紹介し、本稿の目的や意義などを述べてみた。第二章では、志賀直哉と『城の崎にて』、および『城の崎にて』における志賀直哉の死生観を検討してみた。「蜂」、「鼠」、「イモリ」といった三つの小動物の死を分析対象として、志賀直哉がどんな死生観を持っているかを究明した。第三章では、史鉄生と『地壇と私』、および『地壇と私』における史鉄生の死生観を検討してみた。第四章では、志賀直哉と史鉄生の死生観を分析し、その共通点と相違点を検証してみた。

キーワード:志賀直哉 史鉄生 死生観 異同

摘要

志贺直哉是日本近代有名的作家。他在小说《在城崎》中,表达了关于生和死的思考。另一方面,史铁生是中国当代有名的作家。他通过散文《我与地坛》,描画了对生命的深刻观察和思索。同样有着大难不死经验的他们,在对身边事物的感知和对生死问题的思考上既有相同的地方,也有不同的地方。
本论文以《在城崎》和《我与地坛》为中心,试将志贺直哉和史铁生的死生观作比较,来寻找其中的异同。本论文由以下几部分构成。在第一章中,简单介绍了志贺直哉及史铁生,并简述了论文相关的先行研究,说明了论文的研究目的及意义。在第二章中,简要介绍了作者志贺直哉及其作品《在城崎》,进而探讨了志贺直哉在作品《在城崎》中所体现的生死观。论述中以蜜蜂、老鼠、蝾螈的死为切入点,深入剖析了志贺直哉独特的生死观。在第三章中,同样先简要介绍了史铁生及其作品《我的地坛》,进一步探讨了史铁生在《我的地坛》中所体现的生死观。在第四章中,比较分析了志贺直哉和史铁生的生死观,归纳出两者的生死观的相似点和不同点。

关键词:志贺直哉 史铁生 生死观 异同

志賀直哉と史鉄生の死生観を論じて
――『城の崎にて』と『私と地壇』を中心に
第一章 序論
1.1問題提出
志賀直哉は日本の大正年間に文壇のもっとも有名な作家で、日本人に「小説の神」と尊称されている。彼はシラカバ派の傑出した代表人物だけでなく、「心境小説」の泰斗でもある。日本の文壇の上で重要な地位を占める。『城の崎にて』は「心境小説」の有名な代表作で、彼の作品の中でも重要な地位がある。後で日本の教科書に収入された。
史鉄生は中国の現代の有名な作家と散文家である。彼の一生の大部分の時間は車椅子の上で過ごしたが、たくさんの優秀な文学作品を創作し、多くの文学賞を獲得した。彼の散文の『私と地壇』も中学生の教科書に収入された。彼は死亡に対する積極的で闊達としている態度は世代の若い人達を鼓舞している。
本稿は志賀直哉の『城の崎にて』と史鉄生の『僕と地壇』との比較研究を行った。まずは、志賀直哉の生い立ち及び『城の崎にて』の大筋を紹介し、文章における作者の人生観価値観を分析した。そして、同じ方法で史鉄生の生い立ち、作品及び作品における作者の精神世界を詳しく紹介した。『僕と地壇』を通じて、作品における作者の人生観、価値観を追究した。ほかに、両作品における人生観価値観を比較し、共通点を見つけた。さらに、共通点の原因をまとめた。両作品への考察を通して、両者の人生観価値観についての認識を深め、作品の主旨をよりよく把握する。本稿はこの二部の作品を研究して、その中で体現した死生観に対して自分の分析を試みようと思う。

1.2先行研究
志賀直哉は「小説の神様」と呼ばれている。そして、志賀直哉及び彼の死生観に対しての研究学者は多くいた。島園進の『日本人の死生観を読む 明治武士道から「おくりびと」』は幅広く活躍する宗教学者が、柳田国男・折口信夫、吉田満、宮沢賢治などの作品をもとに、日本人の死の受容の変遷を読み解く。永井善久の『志賀直哉の軌跡―メディアにおける作家表象』は志賀直哉と同時代の作家評や作品を受容した人々の言説を丹念に掘り起こし、志賀直哉の神格化の力学を詳らかにする。
中国では、史鉄生の作品に興味がある学者も少なくいない。例えば、芦芝蘭の「生死を越える 母親の愛を悟る——『私と地壇』から史鉄生の心を窺う」という文は詳しく『私と地壇』を説く。史鉄生が身体障害後の心の道を振りかえって、地壇がそのむざむざ止まらない自然な真意で、彼に生死を越えさせ、母の苦難と偉大を悟った。楊斌の「苦難の中での悟りと涅槃——史鉄生の『私と地壇』の「心の道」への」という文は、人が生まれてからの制限が、能力と願望の間の永久不変の距離で、生命の目的は絶えず苦しい境地を跨り越える過程である。つまり人生は苦難の中で悟りと涅槃に目覚めるべきである――生命の真の意味を探すということを指摘した。
今までの研究は単に志賀直哉或いは史鉄生を目指すだけで、二人及び二人の作品を比較していくの文はあまり触れていない。本稿では、先行研究を踏まえて、『城の崎にて』と『私と地壇』を中心として、その中で表した死生観を詳しく分析してみる。それに志賀直哉と史鉄生の死生観、心境転換を比較して、その共通点と相違点を探し出したい。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1398.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩