日语论文网 论文范文 日语论文范文:戦後の日本皇室の存在価値

日语论文范文:戦後の日本皇室の存在価値

戦後の日本皇室の存在価値

要旨:日本皇室は日本の象徴である。天皇と皇族を含める。本稿では主に終戦後の日本皇室のことを研究する。日本皇室の職能は何か、その変遷はどうなるかなどを調べてみよう。戦前であっても戦後であっても、「天皇」は日本国民の精神の支えである。第二次世界大戦、日本の天皇が戦争を煽てた。日本国と国民に災難をもたらしていった。戦争が終わった後、他の国の王室の解体と違って、日本の皇室が保存されてきた。天皇制も廃止されていなかった。従って、本稿では、戦後の日本皇室の存在必要を重点的に討論してみたい。
キーワード:天皇制 存在価値 外交 精神的な支え 時代乗れ

第一章 日本皇室
1.1 日本皇室の構成
1.2 国外の王室との相違点
1.3 皇室の活動
第二章 日本皇室の変遷
第三章 戦後の日本皇室
3.1 天皇制が保存された原因
3.1.1 アメリカと戦後の日本皇室
3.1.2 日本人が天皇への支持
3.2 戦後の日本皇室の価値
3.2.1戦後日本皇室の外交
3.2.2 日本皇室の精神支えの役割
3.2.3 日本皇室の時代乗れた特性
3.3 現代人の日本天皇制への態度
おわりに
参考文献
第一章 日本皇室
1.1 日本皇室の構成
日本皇室とは、天皇および皇族の総称である。戦前においては、帝室とも呼ばれていた。天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の男性皇族及びその家族である宮家で構成される。具体的には天皇を中心にその配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また皇太子をはじめとした男性皇族である親王、王、さらには生まれながらの女性皇族である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。
天皇は皇居内に御所を構える。宮内庁には同庁の内部部局として侍従職が天皇・皇后とその未婚の子女に関する事務を扱う機関として置かれている。
皇太子および同妃、その子女は内廷皇族でありながら、天皇とは独立した生活を営む。赤坂御用地内に東宮御所を構える。また宮内庁には内部部局である東宮職が皇太子一家の事務を扱う機関として置かれている。
日本皇室は日本の象徴である。天皇を中心とした一族のことを皇室、または皇族という。皇室には名字がなく、天皇から与えられた「宫」という称号を用いる。例えば、现皇太子は浩宫徳仁といい、海外ではプリンス・ヒロの爱称で亲しまれている。日本国宪法の施行後は、戸籍法を适用されないこと、选挙権・被选挙権を持たないこと、养子をとることができないことなどを除いては、一般国民と同様の国法が适用される。
皇室に関する公の事务は、国务の一部として総理府の外局である宫内庁が司っている。また、皇室に関する重要事项を审议するための皇室会议は、総理大臣ほかの政府関系者と皇族の要人で构成されている。
1.2 国外の王室との相違点
日本の皇室は現在の日本国につながる国家が始まって以来ずっと続いているため、たとえば中国の唐王朝などの歴代の王朝や、現存する日本国外のウィンザー朝(イギリス)、チャクリー王朝(タイ)のような「国内に存在した他の王朝と区別するための王朝の名前」を持たない。強いて言えば、「日本」という国名そのものが王朝名である。また、天皇、皇族は氏(名字)を持たないが、これは日本人の氏は本来、天皇が臣下に与えるものであったからである。
第二次大戦後、韓国から皇室が消え、日本には残った。
当時の日本人の多くは神道とは行かないまでも、「天皇」を自国の崇高なる誇りと考える人が多かったためである。「天皇」を否定することは、日本人としての尊厳を踏みにじられるような思いの人たちがまだ多くいたのである。
ところが、朝鮮では李氏朝鮮王朝後、日本による統治が始まって以降、日本統治に反対して自国の王朝復活を掲げて運動する人たちがいなかったわけではないが、これも衰退して行くばかりで広がりをみせなかった。終戦、当時の日本人の天皇崇拝意欲ほど李氏朝鮮王朝を支持する人数は多くなかったようである。さらに李氏朝鮮王朝の皇族関係者の中には、当時の大日本帝国政府や当時の日本の皇族と近い関係を持ちたいとする方もいたようである。そのため、朝鮮人民の大多数は自国の王朝復活を望まず、北部朝鮮にいたっては左翼的軍閥である金日成を支持する人々が増えていったほどである。
1.3 皇室の活動
現在の皇室の活動は激務である。天皇が行幸等する場合は国外であっても三種の神器八尺瓊勾玉を携帯する。終戦直後は昭和天皇による地方巡幸が行われたが、この様な大規模な巡幸はあまり行われることはない。
国事行為では、日本国憲法第6条と日本国憲法第7条により、天皇がおこなうものだが、皇族に対してのみ摂政、もしくは国事行為臨時代行をおき、代行させることができる。新年祝賀、親任式、認証官任命式、勲章親授式、信任状捧呈式の儀式として行われる。
一般参賀では、新年祝賀と天皇誕生日祝賀に際し、皇居において一般参賀をおこなう。天皇と皇族が皇居長和殿のベランダに出て(「お出まし」)、祝賀を受ける。なお三権の長を招いて行う「新年祝賀の儀」は国事行為に該当する儀式だが、この「新年一般参賀」は国事行為以外の公務とされている。
園遊会は天皇・皇后主催の社交の会。毎年、春と秋の2回、赤坂御苑において催される。 宮中祭祀とは五穀豊穣や国家国民の安寧を祈るものである。代表的なものは主に現在の祝日(春分の日の春季皇霊祭など)にあたる日に行われている。急遽、戦災(東京大空襲)や被災した地域に行幸することがしばしばあるが、一般にかねてより計画されたものとなる。
国際親善では各国の王室との関係は親密である。取り決めによってそれぞれの王室に不幸があった場合、半旗を掲げることと、服喪することが慣例になっている。 天皇の国事行為の「外国の外交官の接受」の一環である「信任状奉呈式」に際しては、皇室の馬車での送迎を認めている。馬車を使用した場合、東京駅(東京駅改装中に付、現在は明治生命本店前)から皇居宮殿御車寄までの道のりになる。自動車での送迎も可能であるが馬車を希望する大使が多いと言われる。皇室の馬車による送迎は各国親善に役立っているという(宮内庁ホームページ)。2007年8月、馬インフルエンザの影響により馬車による送迎が見送られた事がある。
国民との関わりでは、明治天皇及び過去の天皇の巡行にならい、昭和天皇以降も全国への「巡幸」が行われている。明治以降の皇室及び過去の皇室の伝統にならい、皇室による社会福祉や教育など社会的な活動として、「ご公務」が行われる。 主に式典の主賓としての列席及び祝辞、弔辞、開会または閉会の「お言葉」として挨拶をするなどが代表的な活動といえる。 更に、医療・社会福祉施設・児童施設への訪問や戦没者などへの慰霊碑などへの参拝も積極的に行われている。
新年の一般参賀は正月に皇居において天皇はじめ皇族が7回(但し2010年は5回)、長和殿に「お出まし」として姿を現し、国民の参賀を受ける。又、天皇誕生日にも同様、一般参賀が行われる(2008年度は過去最高の2万2655人が参賀:宮内庁発表)。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1396.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩