日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本現代社会における女性の人生観の変遷

日语论文范文:日本現代社会における女性の人生観の変遷

要 旨

周知のように、昔から日本は男権社会である。日本文化は「男性が外で、女性が内で」という伝統的な思想を伝承して、女性に「婉曲な徳行、家庭と夫を支え、子供をしつけて、恥を忍んで、現れるべきではない」を求めている。しかし、今のところ、多くの日本女性は「言うことを聞かない」を始めた。職業の計画であり、人生の価値観であり、家庭の結婚恋愛観などの各方面であり、自分の独立と個性を形成して、以前と異なっている様子が現れた。

資料を収集するのを通じて、本稿は日本女性の社会地位、結婚恋愛観、職業観、家庭観などの方面から研究し始める。そして重点的に社会時代の変遷に従って、日本の近代女性の人生観の変化、およびこれらの変化が社会へもたらした対プラス或はマイナスな影響を研究してみる。

キーワード: 社会地位;結婚恋愛観;職業観;家庭観;変遷

摘 要

众所周知,自古以来日本就是男权社会。日本文化传承了“男主外、女主内”的传统思想,要求女性温婉贤惠,照顾家庭、相夫教子,不宜“抛头露面。”但是,如今越来越多的日本女性开始“不听话”了。无论是在职业规划,人生价值观,家庭婚恋观等各个方面都形成了自己的独立与个性,展现了与以前不太一样的面貌。

通过搜集阅查书籍资料,本文将从日本女性的社会地位,婚恋观,职业观,家庭观等方面切入研究,重点研究随着社会时代的变迁,日本现代女性人生观的一些变化,以及随之而来的这些变化对社会产生的正负面影响。

关键词社会地位;婚恋观;职业观;家庭观;变迁

目次

1.はじめに………………………………………………..1

2.日本女性の社会地位の歴史と現状…………………………….1

2.1 歴史上の日本女性の社会地位

2.2 現代の日本女性の社会地位

3.日本女性の社会地位と人生観の変化…………………………..2

3.1 変化の特徴

3.2 変化の原因

4.現代女性の人生観の変化のもたらした影響…. .. .. ……………3

4.1 社会への影響

4.2 家庭への影響

4.3 変化のもたらした影響に対しての対策

5.おわりに                                                       4

参考文献………………………………………………….6

謝辞……………………………………………………..7

1. はじめに

新しい時代の日本女性は、人格の独立と経済の独立を求め始めた。家庭の職責に縛るより、彼女たちは更に楽しみの自由自在な単身生活を享受したい。ここ数年、大量の日本女性は校門と家庭を出て行って、すでに日本社会の就職する新興の力となった。日本女性が受けた絶え間ない高い教育水準に従って、婚姻はもう日本女性の普遍的な価値観ではなかった。

近代的な日本女性は今の社会の中で自分で働き、自分の事業と収入を有している。彼女たちは経済上や人格上などで独立し、男の制約を受けないで、自らを支配した強烈な意識のある女性である。近代的な女性は自分の価値と使命がある。今日では、「女性に学は必要ない」という思想はすでに過去式となった。現代社会は女性に更に広い舞台を提供して、各類の女性はこの舞台の上で思いきり魅力を展示している。そして、異なる歴史背景や異なる社会文化、異なる教育体制などで、再び全世界の異なる国の異なる女性文化を作った。

2. 日本女性の社会地位の歴史と現状

古代日本の女性たちはどのような社会的な立場に置かれて毎日の生活を送っていたのだろうか。現在の日本には、男性と女性は法律上、平等である。男性と女性の家族的、社会的権利を決めているのは、日本国憲法であり、また民法である。いずれも、男性、女性、両性の平等を宣言している。しかし、今までの生活習慣や社会の変化などによって、男女の関係は様々な面でいろいろに変化する。

2.1 歴史上の日本女性の社会地位

初めに日本古代において男女の社会地位はどうだったかを観察してみよう。奈良平安時代の家族は女性中心に動いていた。男性は 15-16 歳になると結婚相手の女性を探した。自分で探すこともあるし、親や知人が探してくれることもあった。相手の女性が賛成すると、生活は女性の家で行うようになった。それも、男性が夜に通ってきて朝には帰った。昼間は、男性女性ともに、それぞれの家で働き、農業その他の仕事を行うのが普通だった。子供の養育、娘の結婚、宗教上の地位からすると、その時の日本社会は母系制社会だったということが明らかになる。

古代末期から中世初期の女性たち(鎌倉室町時代の女性)は第1に、女性は依然として宗教的に神仏に近い神聖な性格を持つと思われていたことだった。第2は、武士の進出によって、女性が男性の家に入るという結婚形式が目立ってきたということだった。それに、夫の家の面倒をみるという役割が加わって、女性の社会的進出も見られるようになった。この時期には武士の鎌倉幕府でも、朝廷の貴族の間でも、女性が政治の実権を握る姿が見られるようになった。江戸時代での女性の社会地位というと、教科書には江戸時代は「男尊女卑の風も強まり、女子には三従の教えが説かれ、これらの傾向は、武士だけでなく、社会一般にもおよんだ」と記述されている。

2.2 現代の日本女性の社会地位

戦後の日本社会は、経済的にも社会的にも大きな変動を経験しているが、男性と女性を取り巻く状況も大きく変化してきた。戦後の日本は女性が男性より差別させている家父長制的な社会だったが、戦後、男女平等の精神が憲法でうたわれるようになり、女性差別の問題に取り組む運動が展開してきた(フェミニズム運動)。女性が職場で不利益をこうむることがなく、自分の能力を発揮できるようになること、政治や意思決定に女性が参画すること、家族やカップルの中で男女が対等であること、愛情や性について個人としての選択が重視されることなどが目指された。

しかし、このような情勢の変化にもかかわらず、日本人の多くが、男女平等の社会が実現していないと感じる状況は現在でも続いている。たとえば、2004 年に内閣府が行った『男女共同参画社会に関する世論調査』によると、社会全体で『男性の方が優遇されている』と考える人は7割を超え、『平等』と回答した人は2割にとどまっている。つまり、戦後、男女の生き方は大きく変わってきた反面、依然として男女の差別は相変わらず根強く存在しているといえる。女性として男性としてどのように生きるか、差別問題にどう対処するのか、その取り組みは今後も変わらず必要となっている。


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1363.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩