日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本社会に存在する「義理」への探索

日语论文范文:日本社会に存在する「義理」への探索

要 旨

 世界の中で存在している各民族の人々は本民族の独特な思惟方式と行為方式で生きている。これはよく「民族個性」と言われる。日本人の精神構成の方面から分析するならば、「義理人情」の観念は日本人の民族個性をはっきり表現することができると考える。「義理」と「人情」は日本社会に存在する人間関係と道徳関係を規制する両大要素で、互いに依存して分割してはならない二つの概念としていつも役に立つ。日本人の日常生活ではよく義理と人情の間で悩んでいる。それで、日本人の行為方式を理解し、日本人の価値体系を深く検討するには、「義理」と「人情」の深い意味を究明しなければならない。
 先輩の作品を読んでから私は日本人の「義理」についてもとより深刻に理解することができる。しかし、大部分の文章はただ簡単に「義理」の意味を書いて、実例の分析を通じて「義理」の深い意味を直感的に表現する文章が少ないようだ。そこで、本文は代表的な文学作品の分析も生活の実例も取り入れて日本人の「義理」を研究したい。日本文化で「義理」と呼ばれる文化概念を理解してからこそ、日本人の思想と行為方式がよく分かることができる。

キーワード:義理;人情;人際関係;文学作品

摘  要

  世界上各个民族的人们都按照本民族独特的思维方式和行为方式而生存。这就是我们通常说的“民族个性”。从日本人的精神结构层面分析的话,我认为“义理人情”这一观念就能很清楚地表达日本人的民族个性。“义理”和“人情”是规制日本社会人际关系和道德关系的两大要素,经常作为两个相互依存不可分割的概念在起作用,日本人生活在“义理”与“人情”之间左右为难而苦恼。因此,要理解日本人的行为方式,深入探讨日本人的价值体系,就必须理解“义理”和“人情”的深刻内涵。
读了前人的作品之后,我对“义理”有了更加深刻的理解。但是,大部分的文章只是简单的表述了“义理”的意思,通过实例来直观的表达“义理”的深层含义的文章似乎很少。因此,本文想通过对一些具有代表性的文学作品的分析和生活实例来研究日本人的“义理”。只有理解了日本人的“义理”概念,才能更好地理解日本人的思想和行为方式。

关键词:义理;人情;人际关系;文学作品

目  次

はじめに………………………………………………………………………………1
第一章 義理について……………………………………………………………3
1.1義理とは…………………………………………………………………………3
 1.1.1「義理」の由来と基本意味………………………………………………3
1.1.2津田左右吉の義理についての分析………………………………………3
1.1.3『菊と刀——日本人の柔美と暴力』に出た義理についての分析……4
1.2「義理」の対立面になる「人情」……………………………………………4
第二章  義理の具象………………………………………………………………6
2.1義理の分類………………………………………………………………………6
2.1.1世間に対する「義理」……………………………………………………6
2.1.2名に対する「義理」………………………………………………………6
2.2義理の作用………………………………………………………………………7
第三章  文学作品の中の義理……………………………………………………8
 3.1『忠臣蔵』の中の「義理」……………………………………………………8
3.2近松門左衛門の『心中天の網島』の中の「義理」…………………………10
第四章 現代社会に見られる「義理」……………………………………………13
4.1権利、義務と義理、人情……………………………………………………13
4.2義理チョコレート……………………………………………………………13
終わりに……………………………………………………………………………15
謝辞……………………………………………………………………………………16
参考文献……………………………………………………………………………17

はじめに

 日本人の人生観は忠誠、親孝行、義理、仁義と人情などを通じて体現してくる。彼らは人のすべての義務が地図の上では行政区域を分けることと同じで若干の部分を分けるべきだと考える。彼らの言葉によると、人生は「忠の世界」、「孝の世界」、「義理の世界」、「仁義の世界」、「人情の世界」及びたくさんの他の世界から組み立てられ、各各の世界には独特で詳しい準則がある。一人は自分のパートナーを評判する時、相手はそろっている人格があるかどうかということは気にもせず、その人は「孝が分かるかどうか」或は「義理人情が分かるかどうか」を基準として評判する。
 人類学者はこんな事実を発見した。世界に存在するいろいろな価値観の中で、日本人の「義理人情」は一番特別だ。日本特有のものだ。それは利息のようなずっと絶えず増やしている債務で、人々がやりたくなくてもやらざるをえないこと。それによって人々が重い心理の負担を背負って、胸に影を落としたことだ。「義理」は「忠」、「孝」と違って、中国の儒教や東方の仏教から由来するのではなく、日本の独特的な道徳義務の範疇に専属する。日本には、儒教思想の中の「仁」とキリストの思想体系の中の「愛」のような総合道徳が存在しない。日本人の道徳体系は恩と報恩義務によって組み合わせられた。それをよく知らなくては、日本人の行為方式を理解することができない。
 中日両国は一衣帯水の間にある隣国であり昔から関係がとても密接で、両国文化の交流の歴史は長く、相通じるものがあリ、源が深い。輝かしい中華文化は日本の歴史と日本文化との発展過程中極めて重要な影響がある。そのために、中華文化と日本文化の中では多くの優れるものが同じだ。同時に、各国の歴史や政治体系には差異が存在するために、各国の民族文化が違うことはもちろんだ。「義理」そのものは中国語から生まれても、中国で使っている「義理」は日本で使っている「義理」と同じ所も違う所もある。中国でも日本でもこの字句は事柄の道理と人が行くべき道路という意味を表す。しかし、日本では江戸時代から「義理」はほとんど「体面」、「メンツ」と「よしみ」を表し、特にもともと血族関係ではなくてある関係を通じて血族関係になる場合で使う。一般的に言うと、「義理」は中国語で「情義」、「情面」、「情分」、「正義」、「情理」、「礼節」などを表してもいい。「義理」は一昔から日本人の社会関係を規制した生活規範或は道徳規範として存在する。現代の日本人の生活の中で、依然と「義理」という物が残っている。それは日本の国民の性格と特徴に形成された原動力の一つで、もっとも日本的な文化の概念だ。そこで、日本文化で「義理」と呼ばれる文化概念を理解してからこそ、日本人の思想と行為方式がよく分かることができて、不機嫌な状況を避けることができて、日本人と心地よくて気軽に付き合う。
 そして、私は日本人の「義理人情」を理解するために、多くの作者の文章を読んだ。その中で、大部分の文章はただ簡単に「義理」の意味を書いて、実例の分析を通じて「義理」の深い意味を直感的に表現する文章が少ないようだ。従って、私は先輩の意見をまとめて、また、自分が文学作品に対する分析を加えて、「義理」の深い意味を直感的に表現したい。

;

第一章  義理について
1.1義理とは
1.1.1「義理」の由来と基本意味
 日本語には「義理」と「人情」の字句があるが、組み合わせて「義理人情」と言える。「義理」そのものは中国文化から生まれて、それは普遍的な道理或はを経義重んじて正確な知識を探求する学問である。中国の『礼記·礼器』には「義理、礼之交也。」と書く。漢朝の時は経義名理の意味を示した。『漢書·劉歆伝』には「及歆治の『左伝』…由是章句義理被焉」と言う。宋朝後儒家の経義を重んじて、道理にこだわるという論理の学問を「義理の学問」と明らかにした。 これも中国の「義理」の最初の意味だ。しかし、中華文化が日本に伝わってから、日本の道徳的義務の中に存在する一つの特殊な範疇として、千年の発展と変化を経て「義理」には新しい意味が加わって日本社会で独特な行為基準と道徳規範が求められる。一般的に言うと、「義理」の中国語には、一時的に「情義」、「情面」、「情分」、「正義」、「情理」、「礼節」などを表示する。しかし、日本では江戸時代から「義理」はほとんど「体面」、「メンツ」と「よしみ」を表し、特にもともと血族関係ではなくてある関係を通じて血族関係になる場合で使う。また、「義理」という言葉の意味は『広辞苑』には「事物の正しい道理と体面、メンツなどを解釈する。常に儒家の学説には人が行動する時従って提唱するべきものだ」と説明した。 つまりは他ならぬ「義理」は、「主徒関係」や「親子関係」、「夫婦関係」、「兄弟関係」や「友人関係」などの人間関係の中で最も重要な、一番重視される行為規範だ。この概念を集中的に強調し、「個人を犠牲にしても、他人の幸福を保全する。相手が苦境に立たされる時に個人の得失を計算しなくて全力的に他人を助ける」という精神である。必要なのは、この概念を理解するカギは「本意ではなくて、個人が心から甘んじない」という点を明確しなければならない。

1.1.2津田左右吉の義理についての分析
 津田左右吉は最初に社会学の角度から義理を研究する学者だと思われる。『文学から現れた日本国民の思想についての研究』 という文章には、義理についてこう考えた。義理と意地とは一事の両面で、自分心情から言えば意地であり、他に対する面から見れば義理である。死すべき時に死するのは、死するものの心情から言えば意地であるが、死すべ死といふ社会的規範から見れば義理である。この義理として考えられたことは、本来戦国武士の情熱からであるが、それが義理として見られるようになったのは、冷静なる分別の上で事を処しなくてはならぬ平和の世だからである。彼は「義理」を「意地」と対立的に見なし、すなわち、一種の強固で勝ち気な特性だ。実は、「義理」は日本の社会結構と密接にかかわる一種の社会規範だ。多くの人が「義理」に縛られて動かなくて口に出して言えないほどの苦しみを味わった。井原西鶴と近松門左衛門との作品にはそんな人物を多く書いた。

1.1.3『菊と刀——日本人の柔美と暴力』にでた義理についての分析
 アメリカのルース・ベネディクトは2004年には『菊と刀——日本人の柔美と暴力』を出版し、「義理」について以下の分析をした。
 人は「義務」を返済せねばならないと同様に、「義理」を返済せねばならない。しかし、「義理」は「義務」とは類を異にする一連の義務である。特に日本的なものである。日本人はすべて、行動動機や、名声や、その本国において人々の遭遇するいろいろのジレンマについて語る時には、必ず常に「義理」を口にする。果さなければならない返済の規則である。
 この著作には、作者は「義理」が日本の特別な道徳義務の範疇に属する観点を持つ。作者はまた本でこう書いた。世界に存在するいろいろな価値観の中で、日本人の「義理人情」は一番特別だ。それは利息のようなずっと絶えず増やしている債務で、人々がやりたくなくてもやらざるをえないこと。それも人々の重い心理の負担となって、重々しく人の胸に圧迫を落としたことだ。 文章は「菊」と「刀」を利用して日本人の柔らかい一面と暴力の一面をたとえて生き生きと示して、さらに深く日本人の「義理」と「人情」を解読した。

1.2「義理」の対立面になる「人情」
 「義理人情」は「義理」と「人情」との二つの字句を組み合わせて生み出した。「人情」は「義理」との対立概念として、「義理」は公を、「人情」は私を意味する。「義理」は社会規範であり、人の自由な行為を拘束するもの、人の自然的な感情、自然的な欲求としての「人情」を圧迫して、拘束する。
 「義理」の対立面として、「人情」は主に「親と子」、「恋人」、「友達」、「お馴染み」の間に存在する愛情、友情、同情などの情感だ。「義理」の精神実質は「恩返し」であり、その中には他人の善意の行為に報いることと奉職する会社に報じることを含む。「人情」の精神実質は肉親の情を表現して、他人に感情を自然に流露することだ。個人の立場、意志、感情などを「人情」と呼ぶ。 これは「義理」と対立してもつながりも持つ物だ。 一般に「義理」と「人情」は対立の関係だと思って、実は、二つは絶対的な対立の概念ではなくて、互いに交錯して、同時に日本人の「表」と「裏」の世界を支配している。
 「義理」を立てれば「人情」が犠牲にされ、「人情」に従えば「義理」にそむくことになる。その意味で、「義理」と「人情」が対立するものとして考えられ、離すことのできないて楯両面のような関係でもある。そのために、「義理」と「人情」との関係は対立関係だ。日本では、「義理」は「人情」より重視されるべきだと考える。主君への「義理」のために、自分の子女を殺したことは、「人情」を克制して「義理」を貫徹する典型的な例だ。「義理」と「人情」をつながって使用する時に、生活がとても辛い意味を表現し、すなわち、日本人の日常生活ではよく義理と人情の間で悩んでいる。


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1361.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩