日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本人の生死観について–『こころ』を中心に

日语论文范文:日本人の生死観について–『こころ』を中心に

要旨:『こころ』という長編小説は日本近代文壇出現した優れた作品。現実批判主義作家の夏目漱石の後期の代表的な作品の一つである。その小説は「先生と私」、「両親と私」、「先生と遺書」という、形式では比較的に独立しているが、内容では互いにつながりを保っている三つの章節からなっている。作者は小説の主人公のK、先生と乃木大将の自殺現象を描写することを通して、日本人の独特な生死観を表現している。しかもこの「死を以て生となす」という独特な生死観は禅文化の影響を受けて、さらに進んで言えば、禅文化からの深い影響で、多くの日本人の生死観には宗教っぽいものがあって、日本の独特な歴史の烙印を持っている。この論文では歴史的な視点から日本人の生死観を究明し、その外、日本だけでなく国際社会でも日増しに厳しくなった自殺現象を検討する。

キーワード: 自殺   死を以て生となす   禅文化   独特な生死観

摘要:长篇小说《心》是日本近代文坛出现的优秀作品。批判现实主义作家夏目漱石的后期代表作之一。作者对“先生和我”、“父母和我”、“先生和遗书” 三个在形式相对独立,在内容上又互相联系的章节进行了描写。通过对小说中的主人公“K”“先生”以及乃木大将的自杀现象的描述表现出了日本人的一种独特的生死观。而这种“以死而生”的独特生死观也受到了禅文化的影响,进而言之正因为受到禅文化的深刻影响,广大日本人的生死观都带有浓厚的宗教色彩,带有浓厚的历史烙印。从历史的角度探究了日本人的生死观。另外也突出了日本乃至国际社会的严重的自杀现象。

关键字: 自杀   以死为生   禅文化   独特的生死观

目 次

要旨 …………………………………………………………………………………(1)

はじめに ………………………………………………………………………… (2)

1章 夏目漱石とその作品『こころ』について…………………… (3)

1.1  夏目漱石の生い立ち……………………………………………(3)

1.2 『こころ』について………………………………………………(5)

2章 K、先生と乃木大将…………………………………………………(6)

2.1   Kと先生の自殺について…………………………………………(6)

2.2  乃木将軍の自殺について  ………………………………………(7)

3章 日本人の生死観と禅文化……………………………………………(9)

終わりに ……………………………………………………………………………(11)

参考文献 ……………………………………………………………………………(13)

謝辞 …………………………………………………………………………………(14)

日本人の生死観について

 ―――『こころ』を中心に

はじめに

日本は自殺率の高い国で、世界でも前列を占めている。この現象はもう日本の深刻な社会問題になった。実は、自殺現象が普通の社会現象で、社会的な問題の一つである。しかし、日本社会の自殺現象はまた特殊性があった。それは日本の歴史文化から深い影響を受けているからだと思う。歴代の日本作家が彼らの文学作品の中でこの問題も反映するものである。この文章は 『こころ』という夏目漱石の代表的な作品の中の人物の自殺現象を分析することを通して、日本人の生死観についてすこし説明するものである。

一章 夏目漱石とその作品『こころ』について

第1.1節 夏目漱石の生い立ち

夏目漱石(1867年-1916年)は本名「金之助」。筆名の漱石は頑固者という意味の故事「漱石枕流」から来ている。

慶応3年(1867年)1月5日(陰暦)、父・夏目小兵衛直克と母・夏目千枝の5男3女の末子として、江戸牛込馬場下横町(現在、新宿区喜久井町1番地)に生まれた。生後まもなく里子になるが、連れ戻される。10歳の時、養子に出されるが、養父の浮気のため離婚。養母との生活を経て、金之助は実家に戻る。

明治17年(1884)9月、漱石は東京大学予備門予科(明治19年4月、第一高等中学校に改称)に入学した。東京帝国大学文学部英文学科を卒業後、東京高等師範学校で教鞭を取る。初期の肺結核の宣告を受け、神経衰弱に陥り、鎌倉で参禅する。松山中学の英語教師に転職、さらに熊本五高に転任する。このころ貴族院書記官の娘、鏡子(本名キヨ)と結婚、鏡子は妊娠するが流産してしまい、自殺未遂するが一命をとりとめる。

漱石は官費留学生として、単身イギリスに留学。ロンドンの生活になじめず神経衰弱に再び陥いり、下宿にひきこもる。2年間の留学ののち、帰国する。

小泉八雲の後任として、東京帝国大学で教鞭をとるが、授業の評判が悪く、神経衰弱になる。このころから作品を雑誌に発表する。『文学論』を完成させたのち、帝大を辞し、朝日新聞社に入社。新聞小説を連載し好評を博す。

持病の胃潰瘍が悪化し、修善寺に療養する。しかし、大量喀血し、危篤におちいる(修善寺の大患)その後、持ち直し、『こころ』、『道草』などの作品を発表するが、大正5年(1916年) 12月、『明暗』執筆中に胃潰瘍のため他界する。享年49歳。

夏目漱石は日本明治時期の小説家で、大文豪だ。その作品は日本の近代文学史上において大きな地位を占めている。事が過ぎ去り状況も変わているが、その人格と作品の魅力がいまでも色褪せてはいない。

第1.2節 『こころ』について

夏目漱石の作品の中で、後期の“3部曲”の一つである『こころ』は更に芸術性と思想性の高いものである。『こころ』は第一人称の“私”の口ぶりで成文の中編小説だ。文中の“先生”は大学生の“私”が海水浴場で知り合った中年の知識人(“先生”は尊称で,決して先生ではありません)で、“私”が小説の中で“先生”の名前を引き継がない。“私”と“先生”の付き合いをめぐって、小説は「先生と私」、「両親と私」、「先生と遺書」のという三つの部分に分けられる。薄暗い基調が小説の経緯を貫いている。この作品は夏目漱石の作品の中で最も多く生と死に関わった作品と言えよう。主人公である“先生”の両親や、静(“先生”の妻)の母の病死などの自然死亡を除いて、“先生”の友達“K”の自殺、“先生”の自殺と乃木将軍の自殺などがある。Kとなると、“先生”の好きな女の人が好きになって、この女の人は後に“先生”が手段をもって自分の妻にし、結局はKが“失恋”の打撃に耐えられなくて、ナイフで頸動脈を断ち切って、死亡した;Kの死は いつも“先生”の心にかけられて、罪悪感で苦しんでいた。結局、乃木将軍の“殉死”のことをきっかけにして、自分も自殺してKの霊魂のあとにつき従っている。

第二章 K、先生と乃木大将の自殺について

2.1節 Kと先生の自殺について

よくKと“先生”の自殺を推敲したら、“先生”がKの自殺を招いた元凶ではないと思う。Kは“先生”の同郷で、真宗和尚の次男で、幼少から母を失って、ある医者の家に養子になって、“先生”と一緒に東京の大学で勉強している;しかし、大学での専門

が医学ではないため、養父から反対され、仕送りさえも断ち切られたので、親から捨て

① http://d.hatena.ne.jp/keyword  夏目漱石とははてなダイアリー

られ完全に孤立されてしまったKがだんだん感傷的になり、仲間と離れて孤独な暮らし

をしている。彼は「自分独りで世の中の不幸を背負いながら生きている」と思い、「自

分の前途を照らす光明が、次第に彼の視野から遠のいていくように」感じている。一方、

かれは“先生”に「自分の理想は学問ではなくて、意志の力を育成することにある」、「心の強い人になりたい」という理想 を表明している。実は、他人の目から見れば、彼は意志の強い人どころか、神経衰弱の患者に似ている。Kの不幸な生立ち、偏屈な性格、世の中を嫌う思い、自虐のような行為から見れば、彼はもうとっくに枯れた明かりのようだといえよう。彼もその後大家の娘の静が好きになったが、それはまた彼の求めた“道”と背馳している。Kは理想と現実の板ばさみで迷い始め、ますます生活の見込みが見えなくなってしまった。大家もとっくに“先生”のことが気に入っているから、たとえ“先生”がKに「向上心がなく、ばかな人だ」と話さなかった、Kより先にプロポーズしなかったとしても、Kが別の挫折に出会ったら、また自殺してしまうかもしれない。 “先生”の挙動はただKの死ぬ決心を激化させただけである。日本人にとって自殺することが、関係のある人に過ちを厳しく責め、道徳的な非難を激しく受けさせる極端な手段の一つであると思う。Kは気がないかも知れないが、この極端な手段は確かに極端な結果を招いたのである。それは即ち“先生”が結局自殺を以て謝罪することである。毎月必ずKのために墓参りをし続けた後、五十代になった“先生”はとうとう戻れない道に歩んで行ってしまった。

失恋して謝罪するのため自殺する人は古今あった。しかし“先生”は夏目漱石の縮図として、深い意味がまだあるかどうか?夏目漱石の時代、日本天皇が独断の統治と日本軍国主義の高圧がある。日本は外に侵略の拡張、例えば相前後して日清の戦争、日露戦争と日韓の戦争を始めた;国内帝国の統治を強化して、労働運動を鎮圧して、人々の思想を束縛して、大逆事件のようである。知識人の期待した民主、自由が本当で空文である。この時期に、夏目漱石の作品は時弊を指摘し批判するから、激越な冗談が人物の内心を描写することに転向するあって、自己の内心の苦しみと闘う知識人の群像を作った。『こころ』の中“先生”はまさにこのように一つのモデルということができる。“先生”の消極的な処世、他人を信じないで、自分を信じないで、自分で消極的なラベルを貼り付けて、「私が一人の寂しい人だ」を繰り返している;“先生”は望みがなくて、ひたすらKの墓の前でただ懺悔するだけ、Kの影の中で生きて、暗い過去で生きて、更には子

供がないことを“天罰”と見なして、またのはKのが罪に負けることに対して思うだけ① http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html 青空文庫:夏目漱石『こころ』

②  http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html 青空文庫:夏目漱石『こころ』

③  http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html 青空文庫:夏目漱石『こころ』

あって、しかし罪に負けて思っていかなる問題を解決することができない;“先生”は

ひどくお高く留まっていて、働きたくなくて、友達がめったにない;人類は群体の動物

で、“先生”はほとんど社会との連絡を捨てて、自然に良好な社会関係を持つことがで

きなくて、すぐ社会関係のこのようにとても重要な健康な要素を失い……要するに、読者の目の前で現れるのが自ら否定して、心理状態が消極的で、悲観的に世の中が嫌になって、更に信条がなくて、望みがなくて、目標の肉体がなくて;一つの心身の健康が深刻で損で、息も絶え絶えで、薬の救うことができないの患者である。これはちょうど側面から厳しい時代の背景の下でその時の知識人は自分の前途に対する困惑し、元気な見失うし、退廃的で、心中の騒動を不安な感じを反映する。道が見えないで、方向が探し出せないで、読者にまるで夏目漱石の自分で出すため息をつくことと喚声をあげることを耳にさせて、もしその場に身をおくならば、人の心を揺り動かしている。

“先生”の自殺することは多くの人の生死論断に関することを連想しないことができて、「身体や髪や膚などが良心からうける」、「生命が確かに貴いだ」、「人の死が固有で、あるいは泰山より重くて、あるいは鴻毛より軽いだ」、その上また孤独で頼れるものがいないの静に同情して、さらに一歩進んで甚だしくは“先生”の決裂を不満と思う:Kの死と言うことが必ず命で返済しなければならないか?もし日本人の死生観を理解するならば、恐らく人に再び“先生”の死ぬことを知らせるようにしましょう。日本で、“死を以て生となす”をあがめ尊んで、自殺が身を清く保ち、悪に染まらない行為になると思って、決して罪悪ですと見なしない。例えば《醜い日本人》の中で日本の商社職員の死ぬことに関して、高橋敷はかつて下の話を引用するならば「ただ日本人のある責任感だけあって、彼らは弁明していなくて、生命で責任に来て陳謝を表して、外国人は恐らくこのような気持ちを理解しない。」これと比較して、私たちはどうしても日本人の独特な死生観の形成は日本の歴史から影響を受けることを考慮しなければならない。


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1359.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩