日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本人のタブ-観

日语论文范文:日本人のタブ-観

要旨

 中国文化の枝分かれしてできた部分として、日本文化の多くは中国文化に基づいたものである。そのため、両国の文化はたくさんの共通点がある。しかし、特別な地理環境は日本ならではの民俗意識を育てる。災害が頻繁に起きるため、日本人はいつも不安を感じる。日常生活でも小心翼翼たる性格を培った。本文は「言葉のタブー」から日本人のこの性格を詳しく説明した。まず、禁忌の形成についてその意味と原因を述べた。そ

して、五つの面から言葉のタブーを紹介してから、中国のタブーと比較してみた。それから、この社会現象ができた原因分析を行った。最後に、私たちは別の国の風俗習慣をよく知らなければならない、こうしたら初めて打ち解けて付き合うことができるという結論を出した。

キーワード:タブー 忌み言葉 影響 不安 慎重

概要

 作为华夏文化的一个分支,日本有很多文化都是建立在中国文化的基础之上的,因此它们之间有着很多的共同之处。然而,特殊的地理环境造就了其特有的民族意识。由于灾难频发的原因,他们心中有一种不安全感,总是觉得自己处于危险之中,并在日常生活中也养成了小心翼翼的做事习惯。本文从语言禁忌这个角度对日本人的这一性格作了详细阐述。首先对禁忌的形成作了说明,随后围绕语言禁忌从五个不同的方面介绍,并与中国进行了对比.然后分析了这种社会现象出现的原因。最后得出结论:我们应了解其他国家的风俗习惯,这样才能真正地友好相处。

关键词禁忌 委婉语 影响 不安 慎重

目  次

はじめに――――――――――――――――――――――――――――――1

第一章タブーの形成――――――――――――――――――――――――2

1.1タブーの意味と起源――――――――――――――――――――― ―――3

1.2言葉のタブーの形成――――――――――――――――――――――― ―4

第二章五つの面から見る言葉のタブー――――――――――――――5

2.1呼称のタブー――――――――――――――――――――― ――――――6

2.2数字のタブー―――――――――――――――――――――――― ―――6

2.3見舞いのタブー――――――――――――――――――――――――― ―7

2.4「死」のタブー―――――――――――――――――――――――――――8

2.5業界用語のタブー―――――――――――――――――――――――― ―9

第三章タブーの再認識――――――――――――― ―――――― ―――9

3.1中国との異同―――――――――――――――――――――― ―――――10

3.2異同の原因――――――――――――――――――――――――― ―――11

終わりに――――――――――――――――――――――――――――― ―12

参考文献――――――――――――――――――――――――――――― ―13

謝辞―――――――――――――――――――――――――――――――――

日本人のタブー観

               ——言葉を中心に

はじめに

 古今東西の人間社会で「してはいけないこと」は、犯罪、道徳、礼儀、戒律、禁忌の五つに分類できる。そのうち、禁忌は歴史が悠久で、複雑な文化現象である。

 禁忌は言葉禁忌や行為禁忌や社交禁忌や信仰禁忌や民族禁忌などに分けられる。そのうち、言葉は人と付き合う時一番重要なことであるだけでなく、直接人の素養も反映できる。故に本論は言葉の禁忌を中心に研究を展開してみた。

 タブーの形成

11節 タブーの意味と起源

厳寒や酷暑や洪水や日照りや毒蛇や猛獣などは人の命を脅かせる。認識力がまだ弱い原始人時代では、四季の入れ替わることや生老病死などの自然の現象さえにも理解に苦しむ。そこで、「神」の観念がおのずと現れた。人々はある種類の超自然の力が冥々のうち万事を支配しているを思う。「神様」の力がそんなに強いので、人々は必ず不安を感じる。すると、いつでもどこでも「神様」を犯さないように、慎み深く行動しなければならない。無事に毎日を送るには「神」に関する物事を敬遠するのは賢明なやり方だと思われる。このように、たくさんのタブーが出てくる。

タブーはある特定のものを神聖なものまたは汚れたものとして、これに接近し接触することを、厳しく禁止する儀礼習慣である。社会的伝承として神秘的な根拠を持ち、これを犯すと、神の罰、たたりなどの超自然的制裁を受けると信じられている。[1]

2節 言葉のタブーの形成

言葉は文化の一部分として特別な社会機能を持っていて、特別な社会現象である。自然の現象を十分に理解することができない環境では、人間は言葉が魔力を持ち、それによって代表する内容とはまったく同じ効果があると信じていた。すると、言葉に自分が持っていない力を授けた。人間はあろうことか言葉それ自身が幸福、あるいは災難をもたらせ、誰が言葉を冒涜すれば処罰されると信じる。

タブーのせいで、ある種類の物事がタブーとしなければならない時、まず言語の上で話題にしない。話をしない時、人々は手で指し、首を横に振るい、手を左右に振るい、目で見るなどのやり方で自分の考えや気持ちを言い表すかもしれない。しかし、もしこうやっても正確に自分の言いたいことを表せなければ、ほかの言い方で両方も知っているが指摘したくない物事を暗示しなければならない。このように、言葉のタブーのせいで出来た代用する言葉が忌み言葉である。

「斎宮忌み言葉」は日本の記載がある忌み言葉の中でもっとも早いのである。その後、室町時代の「女房詞」、江戸時代の「ゆり語」なども忌み言葉の特徴を持っている。

昔から、日本は何も霊を持っていることを主張する民族である。『万葉集』の中で、山上憶良は「神代より、言ひ伝て来らく、そらみつ、倭の国は,皇神の厳しき国、言霊の幸はふ国と……」という長歌を作る。そのうち、「言霊の幸はふ」は「言霊が幸福を持ってくる」という意味である。これによって、日本人が言葉を信仰することが分かる。

 五つの面から見る言葉のタブー

21節 呼称のタブー

 日本では、「名は体を表わす」という諺がある。日本人は人の魂が名に付着するから、名が人格を決めると思う。だから、日本人は名を大変重視している。そうである以上は、名が声になって言い出されると、名の主人の魂は体に離れ、空気に散らばってしまい、主人の元気を損なうことを招く。そういうわけで、日本人は直接貴人と尊敬する人の名を呼ばなく、役職と肩書きで代わる。たとえば、会社では、下級は上級を「課長」とか「部長」とかと呼ぶ。家では、妻は普通夫を「あなた」と呼ぶ。他人に自分の夫のことに言及しても、「うちの人」あるいは「主人」と呼ぶ。

 現代の人はこれがただ礼儀を重んずる言い方だけだと思うが、実は、言葉に対する信仰に始まる。

 

22節 数字のタブー

日本語の「四」は「死」とかけ音なので、「四」は日本で不吉な数字とみなされている。そのため、現代でも4号室、14号室、24号室、42号室が欠番となった病院やホテルがある。[2]

そのほかに、日本語の「九」は「苦」とかけ音なので、好まない数字である。「4989」のような「四苦八苦」を連想させられる数字が電話番号や車の免許証に現れるのは忌み避ける事である。

有名な研究書「金枝篇」の著者である英国の人類学者フレーザーは、この種の禁忌を、類感呪術、共感呪術のひとつとして考えた。似ている言葉や連想関係の言葉はその影響が及ぶという感じ方を利用した呪術である。すなわち、ある人物に危害を加えようと思うと,その人物に擬した小さな木像をつくり,頭部や心臓部に釘や矢を打ちこむ。こうすると,狙われた者は,木像に釘や矢が刺された同じ時刻に,同じ身体の部位に激痛を感じるという呪術である。

23節 見舞いのタブー

結婚を祝う時去る・帰る・切れる・戻る・返す・離れる・飽きる・嫌う・破る・薄い・疎んじる・褪(あ)せる・冷える・浅い・再び・病む・敗れる・滅びる・重ねる・死ぬ・壊れる・憂い・痛ましいなどの言葉を避ける。誰も新郎新婦が白髪が生えるまでよく暮らすことを祈るからである。   

妊娠、出産を祝う時流れる・落ちる・滅びる・死ぬ・逝く・敗れるなどの不吉な言葉を避ける。

新築を祝う時火・赤い・緋色・煙・焼ける・燃える・倒れる・飛ぶ・壊れる・傾く・流れる・潰れるなどの言葉を避ける。

開店を祝う時敗れる・失う・落ちる・閉まる・哀れ・枯れる・寂れるなどの言葉を避ける。

災害の見舞いの時又(また)・再び・重ねる・追って・つづいて・尚・猶(なお)、重ね重ね、たびたび、返す返す、しばしば、ますます、再三、などの重ね言葉も避ける。不幸なことがひたたびおきることを嫌がるからである。

24節 「死」のタブー

 「死」は奥深くて分かりにくい課題である。同時に、タブーの話題でもある。死に言及すれば、人々はいつも婉曲な言い方で言う。あるいは、いっそ別の話題に変える。人々が心穏やかで死に直面しがたいのは、詰まるところ「死」がいまだに解かない謎であるから。「死」に関するタブーが中国は世界ではナンバーヮンだかもしれない。中国の文化に大いに影響される日本も「死」に敏感な国である。早くも律令時代に、日本人はすでに財産と地位がある人の死に対する言い方に決まりを作った。たとえば、天皇と上皇と皇后と皇太后の死を「崩御」と呼び、皇族の姻戚関係者と官職三品以上者の「死」を「薨去」と呼び、四、五品官の「死」を「卒去」と呼ぶ。今、天皇制度が相変わらず存在しているが、天皇の「死」に対するわずらわしい字句を簡単にした。裕仁天皇が死ぬ時,よく聞くのは「お隠になる」である。一部の人はいっそ遠慮なく「裕仁は死んでしまった」という。そのほかに、一部の地方はそこならではの言い方がある。日本の三景の一つである厳島は神社がたくさんある神域であるので、死体を島に埋めなく、広島の近くに埋めることになっている。したがって、ここの人は「死」を「広島へ行く」と言う。

25節 業界用語のタブー

  山と海はこれによって生計を立てる人たちには神聖な所であると同時に、恐ろしい所でもある。そのため、猟師と漁師が行動している時、たくさんの禁忌を注意しなければならない。猟師はもっとも忌み避けるのは直接食物と入れ物の名を言うのである。彼らは「米」を「草」と「草の実」と呼び、「ご飯」を「つもの」や「柔」などと呼ぶ。[3]直接食物の名を言うと、山神の嫉妬を買えると言われている。実は、山人が食物を重視することを反映している。そのほか、「火」も大変重視されることである。猟師は勝手に「火」を言うと火霊を刺激して活発させ、山火事を引き起こすと思うから、「火」を「えげ」や「てらし」などと呼ぶ。

 「山言葉」のもう一つの特色は独特な呼び方で山に生活する動物の名を呼ぶのである。たとえば、「熊」を「山親父」と呼び、「蛇」を「青大将」と呼ぶ。狐と狸は夜に行動する動物なので、いつも人に変えると言われている。そのため、「狐」と「狸」に関する忌み言葉が特に多い。「狐」を「尾長」や「尾白」や「だまし」や「キャン」などと呼び、「狸」を「こけ」や「くさい」や「坊さん」などと呼ぶ。[4]

日本の漁師は猫を大変重視する。彼らは猫が天気を予報できる神聖なものだと思う。すると、「猫」に関する忌み言葉が出来た。たとえば、「猫」を「かぎ」や「ぐる」や「横座」などと呼ぶ。

科学の発展につれて、「沖言葉」が次第に退化して行く。しかし、「帰る」がずっと不吉な言葉とみなされる。「翻る」の「かえる」とかけ音だから。この言葉を言いたいと、「戻る」で代わる。

商業界は縁起を十分に重んずる業種である。日本の商人は「する」を話すことを極力避けるそうだ。「する」には「損失」の意味が含まれているから。そのため、「するめ」を「あたりめ」と呼び、「すり鉢」を「あたりばち」と呼ぶ。そのほか、「梨」が「なし」とかけ音なので、「梨」を「有りの実」と呼ぶ。

商業界と似るのは花柳界である。早くも江戸時代に、日本の花柳界はすでに「茶」という言葉を避け始めた。「茶」を言おうと思うと、「あがり花」あるいは「ぶふ」や「おぶう」などで代わる。なぜかと言うと、客の入りがよくない商売女は暇な時お茶を挽いて暇をつぶすから。したがって、「茶」は「景気が悪い」の代名詞になって排斥されるようになった。そのほかに、花柳界は「猿」も忌み避ける。「猿」は「客が去る」の「去る」とかけ音だから。[5]


[1] 石井研士 《现代用语の基礎知識》 2001年1月 第1版  自由国民社  P1123

[2] 冯富荣、 杜英起 《邻家之眼—中日文化比较学习读本》2005年6月 第1版  南开大学出版社 P117

[3] 王秀文 《日本语言、文化与交际》1994年12月第1版  外语教学与研究出版社   P140

[4] 王秀文 《日本语言、文化与交际》1994年12月第1版  外语教学与研究出版社  P140

[5] 王秀文 《日本语言、文化与交际》1994年12月第1版  外语教学与研究出版社  P141


……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1357.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩