日语论文网 论文范文 日语论文范文:中日貿易摩擦の要因に関する分析

日语论文范文:中日貿易摩擦の要因に関する分析

要旨

 

1972年9月に日本首相の田中角栄は訪中してくれた。この時点から中日両国は二戦終結以降に、長期以来の対抗を終結していた。両国の間に正常的な国交を立てて始めてきた。中日両国は政治、経済および文化などの面に関係をよく改善させられて、交流と合作をスタートしている。

また、上世紀の70年代の末では、鄧小平の指導の下に、中国大陸が改革開放の政策を実施して始めていた。中国の経済は日増しに成長して、驚いたスピードにて世界の人々に注目されてきた。中国経済の迅速な発展に伴い、中国製の製品は世界の各国に輸出されるようになった。一衣帯水の隣国とする日本も中国の輸出国になった。当然、輸入国として、日本から様々な製品も中国に輸入して大人気を受ける。

しかし、中日の間の輸入と輸出する国際貿易はずっとうまく進めているわけではないで、常に摩擦も起こっている。中日貿易摩擦の要因はなんだか、また我が国として、どのような対策を立てたら良いのか、本文はこれを研究していきたいだ。文章は三つからなる。まずは中日貿易の現状を簡潔に述べる。そして、中日貿易摩擦の要因について分析する。最後に我が国の正当な利益を守るための適当な対策について提案してみる。広大な企業と民衆に中日貿易摩擦の要因を理解させて、反ダンピングに勇敢に直面して我が国の利益を守ることに役に立てば幸いだ。

キーワード:貿易摩擦、要因、対策

 

摘要

 

1972年9月日本首相田中角荣访华,此刻开始中日两国结束了自二战结束以来的两国间的长期对抗.两国之间开始了正常的邦交.中日两国在政治,经济以及文化等方面逐渐改善关系,开始了交流与合作.

又,上世纪70年代末在邓小平的指导下,中国大陆实行改革开放政策.中国的经济日益增长,其惊人的速度引起世界各国人民的关注.伴随着中国经济的迅速发展,中国制的产品远输世界各国.一衣带水的邻国一日本也成了中国的出口国.当然,作为进口国,日本各式产品也进口至中国,广受中国人民喜爱.

  然而中日间的进口,出口国际贸易并非一帆风顺,其间常有摩擦.引起中日间贸易摩擦的原因是什么?我国又该如何采取对策应对之?本文将研究探讨此.文章由三部分组成.首先简述中日贸易的现状.接着对中日贸易摩擦的原因进行分析.最后针对两国间的摩擦,提议在中日贸易中我国该如何维护自身的正当利益.希望借此文帮助我国广大企业主和民众理解中日间贸易摩擦的原因,使大家勇于面对反倾销,维护我国的正当利益.

关键词:贸易摩擦,原因,对策

 

 

 

中日貿易摩擦の要因に関する分析

 

目次

 

要旨

摘要

はじめに

1.中日貿易の現状

2.中日貿易摩擦の要因について

2.1貿易差額の認識上の食い違いによるもの

2.2経済発展のアンバランスによるもの

2.3貿易構造のアンバランスによるもの

2.4日本政府の戦略的な貿易保護政策によるもの

2.5日本の敏感的な政治事件からの影響

3.中日貿易摩擦への対策について

3.1WTOの規則を熟知して貿易戦の方策を把握する事

3.2中国から多元化の輸出戦略を実行する事

3.3中国企業から反ダンピングに勇敢に直面する事

終わりに

参考文献

付録1 2015年日本外貿概況

付録2 2015年日本貿易指数及変化

はじめに

 

1978年に中国は改革開放の政策が実行した後、日本を含めた世界の各国と経済に全面的に交流する事はスタートした。本日まで、40年くらいに近づいてくる。この40年に近づく期間に、中日双方とも経済に長足の発展は取得してきた。中日間の輸入、輸出貿易も大きく成長してきた。中国と日本は既にお互いに相手の重要な貿易パートナになった。しかし、中日貿易に利益の衝突もあり、摩擦も絶えずに起こっている。これらの摩擦の要因は一体何だろうか、我が国の正当な利益を守る為に、中国としてどの様に対策は立てたら良いのか、本文はこの2点を巡って展開する。

1.中日貿易の現状

上世紀90年代の初期迄、中国製の製品は日本のスーパーにあまり影が見えなかったが、中国経済の発展と対外開放政策の実行に伴い、中国製の製品はどんどん日本に輸出することになった。農産物、自転車、箸、タオル、ウナギ等は日本の市場に一定のシェアを占め始めた。日本製の家電製品などは高品質の為、中国に高い人気を受ける。「2015年日本外貿概況」(付録1)を見てみよう。付録1のデータから見ると、2015年に、日本は米国に輸出した総金額が15,224,891百万円で、一位を占めた。中国への輸出金額は13,229,188百万円で、米国に次いでいる二位を占めた。輸入のほう、中国からの輸入した総金額は19,420,336百万円で、一位を占めた。二位を占めた米国は8,053,157百万円だ。つまり、現在、中国は日本の最大の輸入国になった。輸出のほう、中国は米国に次いでいる二位を占めた輸出国になった。中日間の貿易は互いに深く浸透したり、競争したり、成長してくる。当然、摩擦も常に起こる。

  • 中日貿易摩擦の要因について

中日間の貿易に摩擦が起こっている要因は何だか、本章はこれを巡って分析してみる。

2.1貿易差額の認識上の食い違いによるもの

中日は両国間の貿易差額に関する認識について、大きな食い違いが存在する。

中国側の統計によると、1978年から2000年にかける23年の間に、日本に対する貿易が僅か1982年、1990~1991年、1996年~1998年及び2000年の7年に貿易出超は現れてた、その他の16年は貿易入超だと思う。従って、中国は長期以来、日本に対する貿易が入超の状態にあると認識しているが、日本側は中国に対する貿易が長期的に入超していると思われる。双方は認識上に食い違っている。例えば、中国税関の統計データーによると、2000年に日本に対する貿易は1.4億米ドールの出超が出てきた。しかし、同年の日本側の統計に、中国に対する貿易に入超して、249.3億米ドールに達してきたようだ。何故この様に大きな格差は現れたのか。統計方法上の異なりによるものだと思う。CIF価格とFOB価格に基づく計算に食い違いは出てきたものだろう。原産地による統計にも格差は出やすいだ。特に日本は統計した時に、中国香港などの中継貿易も日本への輸入貿易に統計された。これは計算方法の異なりによる認識上の食い違いだ。なお、2016年3月17日に日本財務省は公布したデーターに、2016年2月に中国への貿易入超が3824億円に達したようだ。両国は認識上の食い違いによる格差が客観的に存在すると言えるだろう。

2.2経済発展のアンバランスによるもの

中日間の経済の発展のアンバランスに繋がると思う。一国の経済は良好的に発展して、競争力が日増しに強化すれば、常にこの国は貿易の自由化を主張する。逆に、一国の経済実力は弱めて強い競争相手に会うと、この国は保守的で、閉鎖的なやり方を使い、本国の関連する産業を保護するようになる。従って、貿易の保護主意の台頭になりやすくなってしまう。

中日両国の経済の発展から見てみよう。中国は改革開放の政策を実施した後、経済が始終強い勢いで発展してくる。特に1992年に鄧小平は中国南方を巡回して講話して以来、経済に良好な政治環境を作り出して、中国経済が更に開放して発展する。その後の中国は2008年の金融危機などのシリーズ的な困難を克服して、持続的で速やかな経済増長状態を保って、国際における競争力は日増しに強化するようになってきた。日本を見よう。上世紀80年代の繁栄を経過して、90年代のバブル経済が崩れた後、日本の経済は十年くらいの後退期間に陥ってしまった(当然、短い回復期も現れた)。デフレーションは酷くて、日本国内に大量な企業は破産して、失業した人数も増やしつつある。両国の経済はアンバランスに発展している。つまり、中国の経済は上がっているところに、日本はちょうど逆で下がっている状態に示す。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.rylunwen.com/fanwen/1312.html

作者: admin

下一篇

已经没有了

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

<
收缩